teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


入院時にこれがあると役立つ!

 投稿者:頑張ります!  投稿日:2010年 7月26日(月)01時19分35秒 KD113146070131.ppp-bb.dion.ne.jp
  私も入院しましたが、ヒマでした!!
なのでこれがあるとヒマつぶし来ます!を紹介します☆
(子供?(中学生)からの視点での紹介)
☆ゲーム機など
☆ゼリー
☆勉強道具
☆PC
☆本(これは必需品!)
です!
役に立てたら嬉しいです♪
 
 

耳栓&ビーズクッションが役にたちました

 投稿者:月子  投稿日:2008年 7月26日(土)17時33分57秒 cg-out-f136.google.com
  つい先週もやもや病の脳外科手術を終えた者です。
こちらのサイト様を参考に入院準備を進めました。
恩返しのつもりで投稿します。
一つ目は耳栓。
脳外科では障害を負ってしまった患者さんもおおく、夜でも大きな声が出てしまう方もいます。
そんな場合市販のイヤーウィスパーのような耳栓があると、安眠の助けになりました。

二つ目はマイクロビーズクッション。
手術した側の頭が数日間は痛くて眠れないので、病院から貸してもらいました。
(無理に術側の頭を下に向けなくてもいいのですが)痛みストレスが軽減してよかったです。

また思いついたら投稿しますね。
 

(無題)

 投稿者:ちー  投稿日:2007年11月24日(土)11時19分29秒 z193.61-45-87.ppp.wakwak.ne.jp
   掲示板に一定期間表示がないと広告が出るんだ。
じゃ、書けば大丈夫なのかな?
 

水分

 投稿者:かえる  投稿日:2006年 8月18日(金)10時41分37秒 u39067.koalanet.ne.jp
  500mlのペットボトルは、水分管理に役立ちました。
ペットボトルでなくとも、自分のコップが何cc入るか把握できていれば○です。
コップは、「耐熱用」の「プラスチック」で「フタ付き」がベストです。

水分管理
私の場合は術前1500cc(点滴・味噌汁など含まない)で管理でした。

「耐熱用」
病院で配られるお茶は、なぜか超ホットなので。
「プラスチック」
落としたときに割れないように。
「フタ付き」
ほこりよけ。

※でも一番辛かったのは、水分の入手を自己責任にする病院だったことです。
給湯の時間が制限されている病院は、取れる量が制限されているのと同じでした。
給湯すらなかった病院は「お茶は自分で売店で購入」するシステムだったので、しばらく誰も面会に来れないときは、ペットボトルをずら~っと並べていました。
(ナースに頼めば買ってきてもらえたようですが、何か気が引けたし、病院の売店で定価で買うのもイヤだったのでやめました)。


髪の毛について
「まだ、全部剃っている病院もあるみたいですが、うちは必要なところしか剃りません」
と、某病院のDr.に自慢げに説明されました。
 

かえるさん ありがとー

 投稿者:管理人 ちー  投稿日:2006年 8月17日(木)20時10分59秒 z142.211-19-75.ppp.wakwak.ne.jp
   そうですね、ウエットティッシュは必需品かも。(体拭きですね)
清拭綿とかもね。 ドライシャンプー、かえるさんは髪の毛は全部は剃らなかったのかな?

 かっきーは小さい男子だったし全部剃ったのよね、くりくりちゃんに。病院によって剃ったり剃らなかったりするようですよね。
 

おしりふき

 投稿者:かえる  投稿日:2006年 8月17日(木)16時45分49秒 u39067.koalanet.ne.jp
  赤ちゃんのおしりふき(100円ショップにある)や、介護用の身体ふき、汗拭き用シートは、おふろに入れないとき重宝しました。
病院によっては、からだふき用に、熱く絞ったおしぼりをかしてくれますが…。
ドライシャンプーは、あったらよかったのになぁと思っています。
 

ナッチのパパさん☆

 投稿者:管理人 ちー  投稿日:2006年 6月 8日(木)07時49分6秒 z198.211-19-78.ppp.wakwak.ne.jp
   書き込みありがとうございます。あとでゆっくり来ます~!  

ちょっと思い出してみました

 投稿者:ナッチのpapa  投稿日:2006年 6月 7日(水)21時19分39秒 CATV-210-251-209-075.medias.ne.jp
   ナッチが倒れて、まず最初にしたことは病院にほど近いところに駐車場を借りたことです。とにかく長期戦になると思ったから。(歩きながら泣きながら探しまくった気がします。)
 それから役にたったものは、病室で夜、ナッチのベッドの横で寝るときに使ったキャンプ用の携帯マットとねぶくろです。ナッチが退院するまで病院が生活の場となり、病院から職場まで通っていました。
 あとは大きな画板(ホワイトボード用のマジックが使える材質のもの)で、ナッチに字や絵を思い出させたり、意思疎通用に使っていました。

 また思い出したら書き込みます。
 

なるほど!

 投稿者:管理人 ちー  投稿日:2005年 6月10日(金)22時58分20秒 z55.219-121-72.ppp.wakwak.ne.jp
   そうだね~。子供がまだ動けないとき、親がちょっと部屋から出ているすきに目覚めたときなど・・泣いちゃったら問題ですものね。まぁ、字が読めないと 絵で描くしかないけどね。
 そういうメモや 大きな画用紙的な物もあると便利かも? お絵かき帳もあると退屈しないしね!(まだ、表にできなくて すんません)
 

貼ったりはがしたりできる…

 投稿者:ふみちゃん  投稿日:2005年 6月10日(金)16時28分23秒 EATcf-534p92.ppp15.odn.ne.jp
   ほほほ、思い出したので来ました。
 貼ったりはがしたりできるメモ帳が便利でしたので。トイレや買い物の間に子供が目を覚ましてしまったとき、不安にならないように、行き先を書いて見えるところにはっときました。お見舞いの方がみえたとき、看護師さんに連絡したいことがあるときなど、結構使いました。忘れっぽいので、日常的にあちこちぺたぺた貼ってますが…(-_-;)
 

レンタル掲示板
/2