teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


第56回定期演奏会のお知らせ

 投稿者:大阪大学混声合唱団  投稿日:2014年12月 8日(月)00時44分6秒
  大阪大学混声合唱団と申します。突然の書き込み、失礼します。
この場を借りて大阪大学混声合唱団第56回定期演奏会のお知らせをさせていただきます。

第一ステージでは混声合唱組曲「あなたとわたし」を若いパワーで、第二ステージでは千原英喜氏の代表作である「混声合唱のための『おらしょ』カクレキリシタンの3つの歌」を迫力ある歌声でお送りします。
客演指揮に根津昌彦先生をお迎えしての第三ステージは、昨年亡くなったジョン・タヴナーを偲んだ、4曲からなるアラカルトステージです。クリスマスキャロルを2曲含んでおり、クリスマスシーズンにぴったりです。

○●大阪大学混声合唱団第56回定期演奏会●○

日時:2014年12月23日(火・祝)開場16:30開演17:00
高槻現代劇場 大ホール(阪急高槻市駅よりすぐ)
入場料:500円

1st stage 混声合唱組曲「あなたとわたし」
作詩:みなづきみのり 作曲:瑞慶覧尚子
指揮:鈴木敬史 ピアノ:山本亮

2nd stage 混声合唱のための「おらしょ」カクレキリシタン3つの歌
作曲:千原英喜
指揮:馬場麟太郎

3rd stage John Tavenerアラカルトステージ
 THE LAMB        作詩:William Blake
  TODAY THE VIRGIN  作詩:Mother Thekla
  FUNERAL IKOS      作詩:不明
 THE TYGER         作詩:William Blake
作曲:John Tavener
客演指揮:根津昌彦

詳細はこちらのページをご覧ください。
http://www.hankon.net/concerts/56thconcert/

皆様のご来場をお待ちしております。
(管理人様、この書き込みが不適切である場合削除をお願いします。)

http://www.hankon.net/

 
 

大阪大学混声合唱団第55記念定期演奏会のお知らせ

 投稿者:大阪大学混声合唱団  投稿日:2013年12月 6日(金)21時34分28秒
  大阪大学混声合唱団と申します。突然の書き込み失礼いたします。
この場を借りて大阪大学混声合唱団第55記念定期演奏会のお知らせをさせて頂きます。



○●大阪大学混声合唱団第55回記念定期演奏会●○

日時 2013年12月22日(日)

開場 16:15 開演 17:00

場所 伊丹市立文化会館いたみホール(阪神伊丹駅よりすぐ)

入場料 1000円



1st stage 川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」

 作詩:川崎洋 作曲:新実徳英
 指揮:馬場麟大郎 ピアノ:山本亮

2nd stage OBOG合同ステージ「唱歌の四季」

 編曲:三善晃
 指揮:磯野将吾 ピアノ:竹田景子・松川峰子

3rd stage 混声合唱組曲「愛のプロローグ」

 作詩:谷川俊太郎 作曲:髙嶋みどり
 指揮:磯野将吾 ピアノ:竹田景子

4th stage 委嘱初演作品 混声合唱アルバム「なんとなく・青空」

 作詩:工藤直子 作曲・客演指揮:相澤直人




相澤直人氏を客演指揮にお迎えします。

今年は55回目の定期演奏会を記念し、第2ステージではOBOG合同ステージにて200人の唱歌の四季を演奏いたします。

また第4ステージでは委嘱初演作品「なんとなく・青空」を作曲者の相澤氏の指揮の下、演奏いたします。

皆様のご来場をお待ちしております。
(管理人様、この書き込みが不適切である場合削除をお願いします。)


http://www.hankon.net/concerts/2013annual/

 

大阪大学混声合唱団第54回定期演奏会のご案内

 投稿者:大阪大学混声合唱団  投稿日:2012年12月 5日(水)02時02分45秒
  大阪大学混声合唱団と申します。突然の書き込み失礼いたします。
この場を借りて定期演奏会のお知らせをさせて頂きます。

今年は西岡茂樹氏を客演指揮にお迎えします。
クリスマスをテーマとした企画ステージでは、混声合唱のみならず、女声合唱・男声合唱も盛り込んでおり、西岡氏が設立した豊中少年少女合唱団と共演します。

○●大阪大学混声合唱団第54回定期演奏会●○

日時:2012年12月23日(日・祝)開場16:00開演16:30
伊丹市文化会館いたみホール(阪急/JR「伊丹」駅より徒歩)
入場料:500円

1.宗教曲アラカルトステージ
指揮:磯野将吾/ピアノ:日吉直行
ベース:手島甫/ドラム:伊波大輔

2. 混声合唱のための「すこやかに おだやかに」
混声合唱とピアノのための「いのちの木を植える」
作詞:谷川俊太郎/作曲:伴剛一
指揮:奥村江里香/ピアノ:山本亮

3.企画ステージ Christmas Dream for You ~Count Down to Christmas~
恋人たちのクリスマス(Mariah Carey)他
賛助出演:豊中少年少女合唱団

4.混声合唱とピアノのための「大地はまだ」
作詞:新川和江/作曲:鈴木輝昭
指揮:西岡茂樹/ピアノ:武知朋子

詳細はこちらのページをご覧ください。
http://www.hankon.net/

皆様のご来場をお待ちしております。
(管理人様、この書き込みが不適切である場合削除をお願いします。)

http://www.hankon.net/

 

ヘンデル・メサイア&モツレク海外演奏会のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年 9月12日(水)17時26分0秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。


私どもジョイントコンサート国際委員会ではドイツとクロアチアで開催の次の2つの演奏会について主催者に協力し、日本から参加いただく合唱シンガーを募集いたします。

■ヘンデル・メサイア世界合唱祭 - ハレ(ドイツ)
2013年2月23日(土)ヘンデルの故郷ハレのヘンデルホールに世界各国から450名のシンガーを集めメサイア演奏会を開催。終了後、各国の参加者と交流会。

■モーツァルト・レクイエム - ザグレブ(クロアチア)
2013年3月5日(火)首都ザグレブの同国最大のリシンスキーホールにてクロアチア共和国大統領府後援のもと日本・クロアチア国交樹立20周年記念・東日本大震災追悼の演奏会を開催。両国のオーケストラ&合唱メンバーによるジョイントコンサート。

詳しくは資料をご請求ください。
あるいは私どものウエブサイトにてご覧ください。
(「ジョイントコンサート」で検索いただきますと、トップに出てまいります)
ご参加をお待ち申し上げます。


《問い合わせ・資料請求先》
ジョイントコンサート国際委員会
事務局 垣沼佳則 稲井久美子
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
Tel. 03-5425-2326

 

金沢大学合唱団 大阪大学混声合唱団 第29回合同演奏会

 投稿者:大阪大学混声合唱団  投稿日:2012年 6月22日(金)23時30分1秒
  大阪大学混声合唱団と申します。突然の書き込み失礼いたします。
この場を借りて金沢大学合唱団との合同演奏会のお知らせをさせて頂きます。
金沢大学合唱団と大阪大学混声合唱団の合同演奏会は2年に一度開いています。
大阪で演奏会を行うのは4年に一度で、今回は本山秀毅氏を客演指揮にお迎えし、演奏します。

◆◇金沢大学合唱団 大阪大学混声合唱団 第29回合同演奏会◇◆
日時:2012年6月30日(土) 開場17:30開演18:00
場所:吹田市文化会館メイシアター 大ホール (阪急「吹田」駅よりすぐ)
入場料:500円

●金沢大学合唱団
アラカルトステージ~ローラ・ビーチ他~
指揮:塚本万里子・小形光輝 / 伴奏:小澤歩未

●大阪大学混声合唱団
混声合唱とピアノのための「すこやかに おだやかに しなやかに」
作詞:谷川俊太郎 / 作曲・松下耕 / 指揮:奥村江里香 / 伴奏:山本亮

●合同ステージ
混声合唱団とピアノのための「新しい歌」
作曲:信長貴富 / 客演指揮:本山秀毅 / 客演伴奏:岡本佐紀子

詳細はこちらのページをご覧ください。
http://www.hankon.net/
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
(管理人様、この書き込みが不適切である場合削除をお願いします。)

http://www.hankon.net/

 

モツレク in ライプチヒ 合唱団員募集のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年 6月12日(火)10時45分10秒
  突然の書き込みにて失礼いたします。

さて、ライプチヒのニコライ教会Bachchorが、毎年11月に同教会で各国から参加のシンガーと一緒に開催するレクイエム・シリーズでは、これまでロ短調ミサ、ドイツレクイエム、ベルディのレクイエムを取り上げてまいりました。

本年はモーツァルトレクイエムで、すでに日本からは30名の方々に参加を申し込んでいただいております。
現在、日本人参加枠にまだ若干の空きがございますので最終のご案内を申し上げます。

由緒あるニコライ教会でドイツや世界のシンガーと共にモーツアルトのレクイエムをお歌いになりませんか。
東京と名古屋で青木洋也氏のレッスンも予定しています。
詳細は参加要項をご請求下さい。

《計画概要》

渡航期間 2012年11月21日~26日または29日
コンサート 11月24日(土)
演目 モーツアルト/レクイエム(ベーレンライター版ラテン語)


●問い合わせ・資料請求先:
ジョイントコンサート国際委員会 事務局 垣沼佳則
Eメール jointcon@vesta.ocn.ne.jp

 

練習見学希望

 投稿者:橋岡真義メール  投稿日:2012年 1月13日(金)11時28分25秒
  初めまして。金沢在住の橋岡と申します。
練習見学希望のメールを出したのですが、お返事が無いので、こちらに書きこみさせていただきます。
練習は毎週土曜日1830から、三馬教会に行けばやっておりますでしょうか?
ご連絡お待ちしております。
 

おめでとうございます

 投稿者:三ツ井メール  投稿日:2011年10月15日(土)19時06分16秒
  メンネルコール35回定期演奏会おめでとうございます。
熊谷さん チケット送っていただきありがとうございます。
草野心平にこっそり乗らせていただこうと思っています。
久しぶりに皆さんと再会できるのを楽しみにしています。
三ツ井弘次
 

The Lockers 1st Showのご案内

 投稿者:Lockers市川メール  投稿日:2011年 8月30日(火)01時30分2秒
  突然の書き込み、失礼いたします。
Barbershop Chorus “The Lockers”の市川と申します。
(以前、ジョイントコンサートをさせていただいたPricelessの団長をしていたものです。みなさま、おひさしぶりです。)

下記の日程・場所・内容で演奏会を開催する運びとなりましたので、
この場をかりて宣伝させていただきます。

日本には数少ないバーバーショップコーラスのThe LockersがはじめてのShowをひらきます!
さらに、アメリカから2008年度バーバーショップ国際大会優勝グループのOC Timesがゲストとして駆けつけてくれます。
カルテットからコーラス、また本場のチャンピオンのサウンドまで楽しんでいただけるコンサートになっておりますので、ぜひともお越しください!!

The Lockers、OC Timesそれぞれのホームページで動画・音源が視聴できます。
アドレスは下記をご参照ください。

***********************************************************************
The Lockers 1st Show with OC Times!!!!

東京公演:2011/09/23(金・祝) 上野学園石橋メモリアルホール 会場:13:30 開演:14:00
関西公演:2011/09/24(土) 伊丹アイフォニックホール 会場:15:30 開演:16:00

曲目:Their Hearts Were Full of Spring
      Blue Moon of Kentucky
      South Rampart Street Parade ほか

OC Times HP: http://www.octimesquartet.com/tour.html
YouTube Video: http://www.youtube.com/results?search_query=oc+times

入場料:2,500円 座席指定なし

チケット注文・お問い合わせ
The Lockersホームページ:http://lockers.gonna.jp/
代表:田中克樹(タナカカツキ)TEL:090-9877-3940

http://lockers.gonna.jp/

 

男声合唱団「風童」演奏会のご案内

 投稿者:小野容子メール  投稿日:2011年 8月11日(木)18時08分23秒
  毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
突然のメール、お許しください。

私ども、大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団と申します。
CD木下牧子作品集「祝福」や千原英喜作品全集などで、演奏を
お聴き頂いている方もいらっしゃることと存じます。
コンクールの審査などで私ども主宰の当間を御存知頂いている
方もいらっしゃいますでしょうか。

今夏8月に私どもの演奏会を名古屋にて開催することとなり、
ご案内をさせて頂きました。
下記にもありますように大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団の男声
メンバーを中心に当間が主宰・音楽監督をつとめている団体の男声メンバー
で構成致しました男声合唱団の演奏会です。
新しい男声のハーモニーをお聴き頂ければと思っております。

ご都合よろしければ是非、合唱団の皆様で御来場頂ければと存じます。
お手数をおかけしますが、皆様へご案内を頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

●男声合唱「風童」第2回演奏会
 8月21日(日)15時開演(14時30分開場)  名古屋・熱田文化小劇場

「風童(かぜわらし)」。
新たな「男声の響き」を追求し、往年の名作から革新的・実験的な新作まで幅広く
取り組み、日本の音楽文化の継承、向上、発展に積極的に寄与することを目指して
2009年7月に創立致しました。
大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団を中心に、
当間が主宰・音楽監督を務める合唱団の男声メンバーにより構成されています。

今回は千原英喜氏の新作「東海道四谷怪談」は江戸子守唄・百万遍念仏をモチーフ
に鶴屋南北の戯曲のセリフが重なっています。今回も演出を伴った演奏をお楽しみ
頂ければと、練習に励んでおります。季節柄ぴったりのプログラムとなりました。
「四谷怪談」の世界を男声合唱でどのように表現できるのか、合唱団・スタッフ共
に楽しみに致しております。

この他には荻久保和明氏の名作「季節へのまなざし」(原曲は混声版)、上田真樹
氏の唱歌メドレー「綾なす故郷」、そしてメンデルスゾーン、ラインベルガーなどの
小品集を演奏致します。

新しい男声の響きの魅力を発信できましたら幸いです。
残暑厳しい折の本番かと存じますが、
御来場を心よりお待ち致しております。

尚、演奏会の詳細は以下の通りです。

料 金:一般/3,300(当日3,500) 学生/1,800(当日2,000)
    高校生以下/800(当日1,000)

   上記料金を割引させて頂き、
    一般/3,000 学生/1,800 高校生以下/800 とさせて頂きます。

  ※こちらのメールへご返信頂く形でチケットをお申し込み下さい。

曲 目:荻久保和明/男声合唱曲「季節へのまなざし」
    千原英喜/合唱のためのディスカバー・ニッポン〈第一集〉
         「東海道四谷怪談」
    上田真樹/男声合唱のための抒情歌メドレー《綾なす故郷》

   ~ロマンの香り「男声合唱曲を集めて」~
    J.G.ラインベルガー/Ave Maria(ミサ曲 変ロ長調 Op.172 より)
    F.メンデルスゾーン/2つの宗教合唱曲 Op.115
      Beati Mortui(死者は幸いである)
      Periti autem(目覚めた人々は天空の星のように輝き)


大阪コレギウム・ムジクム
(大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団)
小野容子
540-0021 大阪市中央区大手通1丁目1-13
      GIパールビル202
電話:06-6926-4755 FAX:06-6926-4756
http://www.collegium.or.jp/


 

「当間修一 合唱講座 in NAGOYA Vol.3 」のご案内

 投稿者:名古屋ビクトリア合唱団メール  投稿日:2011年 6月25日(土)01時00分0秒
  私どもは、「名古屋ビクトリア合唱団」と申します。
大阪コレギウム・ムジクム、大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団の主宰者、
当間修一先生を音楽監督にお迎えし、名古屋を拠点に活動致しております。

 このたび、「当間修一 合唱講座 in NAGOYA Vol.3 」を
2011年7月8日(金)~10日(日)の期間で開催いたします。
今回は、そのお知らせをいたしたく、書き込みさせていただきました。

 講座では、当間先生が提唱する「ヴォーチェ・ディ・フィンテ」、「臍下丹田呼吸法」といった
文章だけではなかなかお伝えしにくい発声法や呼吸法などを
理論と実践をまじえたレッスンでわかりやすく解説致します。

「合唱で明るい声はどうやって出すの?」
「ハモりやすい発声ってあるの?」
「高い声はどうやったら楽に出せるの?」
「声のひっくり返りは、なくせるの?」

 普段、こうしたお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

 名古屋での過去2回の講座、また東京・京都でも、多くの受講生の方に大好評頂いています。
 レッスンでみるみる変わっていく受講生の方の声とハーモニーを実際にご体験頂くことで、
これからの合唱活動が更に楽しく、更に広がっていく事と今までの講座を通じて確信しております。
これまでにご参加頂いた皆様も、今回が初めてという皆様も、
この理論と実践を3日間で是非ご体験ください!

_/_/_/_/_/ 当間修一 合唱講座 in NAGOYA Vol.3 _/_/_/_/_/

■会場:ロゴスセンター(南山大学名古屋キャンパス内)
 地下鉄名城線「名古屋大学」駅1番出口より徒歩約7分

■日時
 7/ 8(金)15:30受付開始 15:30~21:00頃 個人発声の実践とそれに伴ったレクチャー
 7/ 9(土)12:00受付開始 12:30~20:30頃 OCM発声法についてのレクチャーと個人発声の実践とそれに伴ったレクチャー
 7/10(日)10:30受付開始 11:00~20:00頃 アンサンブルレッスンとそれに伴ったレクチャー

■受講料・聴講料
 OCM発声法レクチャー  一般:3000円     学生:2500円     高校生以下:2000円
 個人発声レッスン    一般:5500円(2000円) 学生:4500円(1500円) 高校生以下:3500円(1000円)
 アンサンブルレッスン  一般:5500円(2000円) 学生:4500円(1500円) 高校生以下:3500円(1000円)
              ※( )内は聴講料となります。

■受講・聴講のお申込、お問い合せは、以下のアドレスへお願いします。
 メールアドレス:vcn-office@collegium.or.jp

■合唱講座の詳細は以下のホームページをご参照ください。
 ホームページ:http://victoria.collegium.or.jp

http://victoria.collegium.or.jp

 

音楽電子書籍<Ver Weg>フィール・ヴェーク

 投稿者:jmc音楽研究所メール  投稿日:2011年 4月25日(月)17時44分42秒
  音楽を愛する皆様へ!

 <音楽書><CD><ビデオ><DVD>は、「音」が出ない、細かい繰り返し再生が困難などの大きな制約がありました。jmc音楽研究所の電子書籍<フィール・ヴェーク>は、これ等の欠点を全て解決した画期的な音楽教材です。
【既刊】楽典・聴音・指揮法入門・アートマネジメント・コールユーブンゲン
 <e-Book>のお申し込みはjmc音楽研究所ホームページ<音楽市場>の【申込み書】 より、《体験版》(聴音・楽典/無償)もお申し込みいただけます。

http://www.jmc-music.info/

 

「名古屋ビクトリア合唱団 第5回教会コンサート」のご案内

 投稿者:名古屋ビクトリア合唱団メール  投稿日:2010年12月 1日(水)21時51分22秒
  私どもは、「名古屋ビクトリア合唱団」と申します。
大阪コレギウム・ムジクム、大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団の主宰者、
当間修一先生を音楽監督にお迎えし、名古屋を拠点に活動致しております。

このたびは、来る12月11日(土)に「カトリック五反城教会」にて行う第5回教会コンサート
のお知らせを致したく、書き込みさせていただきました。

 名古屋ビクトリア合唱団 第5回教会コンサート

 ■日時 2010年12月11日(土) 開場 15:30   開演 16:00
 ■会場 カトリック五反城教会
     名古屋市中村区二瀬町27

 ■交通 地下鉄(東山線)「岩塚駅」2番出口より北西へ徒歩約7分
    (駐車場が少ないため、お車でのご来場はご遠慮願います)


 ■指揮   当間修一
 ■オルガン 霞真実子
 ■合唱   名古屋ビクトリア合唱団


 ■演奏曲目
  T. L. de ビクトリア
   ・Magnificat (8v)
   ・Laudate pueri Dominum (8v)
   ・Duo Seraphim clamabant (女声)

  H.シュッツ
   Cantiones sacrae より

  千原英喜
   混声合唱のための どちりなきりしたん

  クリスマスキャロルより


 ■入場料
  一般/2,000円(当日2,300円) 大学生/1,000円(当日1,300円)
  高校生/500円(当日800円) 中学生以下無料


★お問い合せ・チケットお申し込み。
 メールアドレス:info@victoria.collegium.or.jp
 ホームページ:http://victoria.collegium.or.jp

みなさまのお越しを、心よりお待ちしております。


http://victoria.collegium.or.jp

 

「当間修一 合唱講座 in NAGOYA Vol.2 」のご案内

 投稿者:名古屋ビクトリア合唱団メール  投稿日:2010年 8月17日(火)22時10分20秒
  私どもは、「名古屋ビクトリア合唱団」と申します。
大阪コレギウム・ムジクム、大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団の主宰者、
当間修一先生を音楽監督にお迎えし、名古屋を拠点に活動致しております。

 このたび、「当間修一 合唱講座 in NAGOYA Vol.2 」を
2010年8月27日(金)~29日(日)の期間で開催いたします。
今回は、そのお知らせをいたしたく、書き込みさせていただきました。

 講座では、当間先生が提唱する「ヴォーチェ・ディ・フィンテ」、「臍下丹田呼吸法」といった
文章だけではなかなかお伝えしにくい発声法や呼吸法などを
理論と実践をまじえたレッスンでわかりやすく解説致します。

「合唱で明るい声はどうやって出すの?」
「ハモりやすい発声ってあるの?」
「高い声はどうやったら楽に出せるの?」
「声のひっくり返りは、なくせるの?」

 普段、こうしたお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

 昨年より名古屋で開催し、大変好評頂きました当間先生の合唱講座。
これまでに東京・京都でも開催されており、
各地で大勢の受講生に「声がみるみる変わる!」という体験をしていただいています。
 皆様のこうしたお悩みを解決頂く機会になることと思います。

人の声が重なり広がるハーモニーを作るのに最も適した発声、
ヴォーチェ・ディ・フィンテの理論と実践をこの3日間で是非ご体験下さい。
 レッスンでどんどん変わっていく受講者の声を実際にご体験頂くことで、
これからの合唱活動が更に楽しく、更に広がっていく事と今までの講座を通じて確信しております。
 この機会に是非、ご参加下さい。

_/_/_/_/_/ 当間修一 合唱講座 in NAGOYA Vol.2 _/_/_/_/_/

■会場:ロゴスセンター(南山大学名古屋キャンパス内)
 地下鉄名城線「名古屋大学」駅1番出口より徒歩約7分

■日時
 8/27(金)18:30受付開始 19:00~21:00  OCM発声法についてのレクチャー
 8/28(土)10:00受付開始 10:30~21:00 終了予定 個人発声の実践とそれに伴ったレクチャー (定員:20名 ※締切済)
 8/29(日)10:00受付開始 10:30~20:00 終了予定 アンサンブルレッスンとそれに伴ったレクチャー(定数:7グループ)

■受講料・聴講料
 8/27(レクチャーのみ) 一般:3000円(3000円) 学生:2500円(2500円) 高校生以下:2000円(2000円)
 8/28(個人レッスン)  一般:5500円(2000円) 学生:4500円(1500円) 高校生以下:3500円(1000円)
 8/29(アンサンブル)  一般:5500円(2000円) 学生:4500円(1500円) 高校生以下:3500円(1000円)
              ※( )内は聴講料となります。

■受講・聴講のお申込、お問い合せは、以下のアドレスへお願いします。
 メールアドレス:vcn-office@collegium.or.jp

■合唱講座の詳細は以下のホームページをご参照ください。
 ホームページ:http://victoria.collegium.or.jp

http://victoria.collegium.or.jp

 

革新性に注目が集まる<e-Book>シリーズ

 投稿者:jmc音楽研究所メール  投稿日:2010年 5月19日(水)14時55分19秒
  音楽を愛する皆様へ!

 パソコンで学ぶ音楽教則本。jmc音楽研究所の<e-Book>シリーズの革新性に注目が集まっています。「ブームの真相」2010年版(ミスター・パートナー社/1月25日発売)に続き、月刊「ミスター・パートナー4月号」(45ページ/3月10日発売)に取材記事が掲載されています。全国で発売されています。

 <e-Book>のお申し込みはjmc音楽研究所ホームページ<音楽市場>の【申込み書】より、《体験版》(聴音・楽典/無償)もお申し込みいただけます。
 

新譜のご案内

 投稿者:日本アコースティックレコーズメール  投稿日:2010年 3月 8日(月)13時20分26秒
  突然の書き込み失礼いたします。
弊社レーベルの新譜のご案内をさせていただきます。

●タイトル
田中瑤子の1・2・3
ひとりのピアニストと2台のピアノと3人の作曲家たち

●商品番号
NARD-5025~6(2枚組)

●価格
定価¥3,000
(本体価格¥2,857)

●収録曲
[DISC-1]
1.林光:もどってきた日付 より
2.新実徳英:かみさまのいろいろ
3.三善晃:海の日記帳 より

[DISC-2]
4.新実徳英:夕闇の中 -2台のピアノのための前奏曲-
5.林光:アルレッキーノ -2台のピアノのための-
6.三善晃:2台のピアノのための 響象
7.「ダニー・ボーイ(ロンドンデリーの歌)」によるパラフレーズ(即興演奏による)

●演奏者
田中瑤子(ピアノ)
新実徳英(ピアノ :4、7)
林光(ピアノ :5、7)
三善晃(ピアノ :6、7)

●クレジット
1984年3月26日、日本都市センターホールにおけるライヴ録音

●解説
1999年に惜しまれつつ逝った田中瑤子は、現代作品を中心に、多くの合唱団との共演など、主にアンサンブル奏者としての活躍が広く知られていますが、
このCDは、そのソリストとしての抜きんでた力量を示す貴重な記録です。
収録された「田中瑤子の1・2・3」は、3人の作曲家の新作2台ピアノ曲を、作曲者との共演で初演するという意欲的な企画で、
ピアニストと各作曲家との交歓が客席まで包み込むような楽しいコンサートでした。
特にアンコールの「ダニー・ボーイ」の親しさ!録音からも、会場の空気が目に見えるように伝わってきます。

尚、この書き込みが不適切と思われましたら、お手数をおかけいたしますが、削除をお願いいたします
ありがとうございました。

http://www.narrecords.com/

 

バーバーショップ楽譜の件

 投稿者:末次勝也メール  投稿日:2010年 2月26日(金)23時57分6秒
  ご無沙汰しています。金沢メンネルコールOBの末次です。現在、倉敷男性合唱団というところに所属しています。今度、バーバーショップの楽曲にチャレンジすることになり、楽譜の使用について広瀬先生に打診していただけないかと思いメールしました。金沢メンネルコール第27回定期演奏会(2003年9月21日)時の①When It's Darkness On The Delta ②When I'm sixty-four ③You'll Never Walk Alone ④Coney Island Baby の4曲の楽譜使用を認めていただきたいと思っています。よろしくお願いいたします。  

多田武彦<公認サイト>のご案内

 投稿者:加藤良一  投稿日:2010年 2月22日(月)21時07分51秒
  男声合唱プロジェクトYARO会の加藤と申します。 ちょっと前になりますが、多田武彦<公認サイト>を立ち上げました。タダタケさんからの情報などを掲載しています。お時間がありましたらご覧下さい。 PS 変わり者さんからの手厳しいご批評、私はステージを聴いていませんのでコメントできませんが、振りを付けたり、手拍子を入れるのは結構難しいとはつねづね感じますが、どうだったんでしょうか。 少なくとも日本人がバーバーショップを歌う場合のハンディとしては、振りに拘れば不利になるという感じはします。難しい問題ですね。ですから、反面振りが入らないときは上手いじゃないかと思うことはよくあります。これにめげず頑張って下さい。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/rkato/

 

変わり者様、ありがとうございます

 投稿者:tak16  投稿日:2009年11月24日(火)22時34分37秒
  メンネル会長です。厳しくかつ暖かいご声援ありがとうございます。少々だけ言い訳をさせて下さい。
1 今年の定期演奏会のテーマは日本語をいかに表現するか(歌うか)でした。もちろんバーバーショップステージは欠かせないので、はずすわけにはいきませんが、それ以外のステージは日本語の曲をするということで統一しました。日本民謡については、毎年のアンケートでやって欲しいというリクエストが常に上位にありましたので、選びました。

2 テナーのソロは二人いましたが、それぞれ練習の時から十分に曲想を考えて歌われていました。まだまだ発声などものたりないところもあると思いますが、これからまだ伸びる若手として、また暖かくみて頂ければと思います。

3 1部と2部の切り替えで下がったのは、やはり日本民謡とは違う「東京景物詩」の世界を表現したい、という考えで入れました。今回は総合司会を前面に出してステージをつなぐという形にしましたので、そのままステージに残るという選択はありませんでした。

4 バーバーショップについてはご指摘の通りです。英語の発音と発声がネックになり合唱(ハーモニー)まで十分に深まっていないと思います。ますます練習して、書かれたように、「お互いに声を合わせる」という基本を徹底したいと思います。

5 「新しい歌」の1曲目で手を叩くというのは楽譜に書いてある指示です。ただ書かれたように、手を叩いたために歌詞が聞こえない状態になったということは、きちんと反省すべきだと思います。アンケートに多くの方が書かれてました。

厳しいご指摘でしたが、一つ一つ十分に納得できる内容でした。今後もまたこれに懲りず足を運んで頂き、ご指導して頂ければ、と思います。
 

定演を聞いて

 投稿者:変わり者  投稿日:2009年11月24日(火)14時57分41秒
  天気のいい小春日和の中定演を聞きに行きました。ほとんど暗譜で練習の成果が出ていたと思います。少し感想を述べれば、一部の民謡は何であったのか構成上意味のないステージでしたね。バランス悪くテナーのソロには閉口がっくりしました、後は思いやられた。二部のステージの前は下りる必要はなかったのでは、一部の出来の悪さを誤魔化すためなら良しか。二部は無難にこなしていたがやはりトップの声がアンバランス。この原因は三部のバーバーショップで理解できた、みな楽しんでやっているのは判るが英語の発音に気がとられ合唱というお互いに声の質を合わせるという基本が失われていたように思います。なぜバーバーショップは身体を無理して振らねばならないのか理解に苦しむ、事実何曲目か忘れたがあまり動きのない曲は実にバランスが取れていて聴くほうを安心させられた。最後の新しい歌はきれいないい曲ではあったが最初の曲で手をたたきながらの曲は意図的に手をたたいていたのでしょうか、手をたたく意味がわかりませんでした。手の音で歌詞がぜんぜん聞こえないのです、作曲者は何と言っておられるか聞いて見たいものです。男声合唱団は重厚なハーモニーで倍音を響かせてほしい、ママさんコーラスなら聞きたくないと思いました。  

レンタル掲示板
/11