teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:12/1136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「おとなの恋の測り方」雑感。

 投稿者:みきお  投稿日:2017年 9月23日(土)20時40分13秒
  通報
  前々から この映画は観たいと思ってた。
ラインアップも変わり本日が初日。世の中は秋の彼岸。
「だから絶対 観てやるぞ!」。そんな気持ちで前々から楽しみにしてた。

楽しみにしてた以上に中身は更に楽しいモノだった。
点数 付けると 130点は固い。百点満点で。
冒頭 ヒロインが長い外套 着て画面に現れるんだが その立ち姿が既に素敵だった。
髪はブロンドなので「シェルブールの雨傘」のヒロインを想起させた。
トレンチ・コートのやうな男女が着れるコートは やはり欧州女の専売特許で
米国女が仮にマンハッタンで着用しても似合わないと感じた。

映画の中程のダンス教室の短いシーンで「愛情物語」の有名なピアノ曲が流れ
キム・ノバックの ふくよかな横顔とヒロインの横顔が少し だぶって見えた。
他 流れるやうな甘い旋律の歌が全編に流れ まるでシネ・ミュージカル仕立て。
時間もユックリ・たおやかに流れゆき ケイタイが無かったら1940年代の
映画のやうだった。
「君の心に障害が有る」。さう云ったんはヒロインの確か父が自らの妻に対して
だったけど 本編の数少ない固いメッセージだった。

舞台は港町マルセイユ。さしづめ日本なら神戸・三ノ宮を歩いてる男女のカップル。
オシャレでオシャレでオシャレで素敵な映画だった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/1136 《前のページ | 次のページ》
/1136