teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/1136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「ムーンライト」雑感。

 投稿者:みきお  投稿日:2017年 9月28日(木)22時18分30秒
  通報
  「♪秋の夜長の~・・」。最近 好きな大橋節夫の和製ハワイアンを心で口づさみつつ
夜さり来たけど やっぱ秋も深まり夜は寒いですね。

本編は オスカー・ゴールデン グローブ 両賞受賞の作品だけ有って
詰まらない映画では無かった。その点は評価したいんだけど「感動」だの
「愛」だのと為ると かなり疑問符。
一般の米国人が映画に於けるアートを どう捉えるか?って意味では
良い教材とは思うけど 私的には よく解らない映画だった。
映画劇として あまりメリハリが無く単に物語が流れてゆくだけ。
ってな印象だった。其処が此の映画のメッセージなんだろうけど正直
眠たく為りました。

冒頭のハンディ型と思われるキャメラを ぶんぶん振り回す撮り方は
ゴダールのやうで有り 海と夕日?との対比はルルーシュのやうでも有りで
スタッフは欧州人?と観ながら突っ込みを入れたく為った。
ゲイを扱ったシーンも有ったので「ベニスに死す」を思い出したのだけど
事は さう云う単純なモノで無く「自分 探し」の映画なんだろうと感じた。
オール黒人の かなり挑戦的な映画造りだけど 音楽はドビッシー・タッチの
クラシック有り・オールディーズ調 有りと豊富で映画に厚みが出来た感じ。
話の筋より制作スタッフの力量に魅せられた。

仏教には「輪廻」と云う言葉が有るが 主人公や母親 見てて さう思った。

 
 
》記事一覧表示

新着順:10/1136 《前のページ | 次のページ》
/1136