teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/1136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「夜明けの祈り」雑感。

 投稿者:みきお  投稿日:2017年10月14日(土)19時02分28秒
  通報 編集済
  親日国のポーランドだけど反面 歴史的に反ロシア感情が根強いので「そんな国の
新作物なんて楽しめ無いな・・」。と思いつつ銀幕の前に座った。

全編に渡る重苦しい感じは最後の場面を除き銀幕からは消えなかった。
それも その筈 カトリックの尼さんが修道院長 含めロシア兵にレイプされ
7人が妊娠~出産 云うのだから・・。そんな現状に乗り込んで行ったんが
フランス赤十字の女医とユダヤ人の男性医師。最後は孤児院まで併設しメデタシ&メデタシ
なんだが 其処に至る経緯で若い尼さんは狂い死にで飛び降り自死とか・院長は治療を
拒否して梅毒の合併症で死んでゆくとか悲惨な光景が登場して来る。
実際に有った話らしいが 日本でも満蒙開拓団の婦女子が侵攻して来たロシア兵に乱暴・
妊娠に至り帰りの船の船上から身を投げて死んだとか悲痛な話が残ってる。
映画の中で或る尼さんだったかも言ってたけど 戦争は終わっても戦禍は残るんだと思う。

女医が連れて来たユダヤ人を見て 尼さん達は拒絶反応を示した。のが興味深かった。
1960年代に入り公会議で「イエスが十字架に掛けられた事に関し 当時のユダヤ人が
皆が皆 悪い訳では無い」。と云う法王の声明が出たけど それまでは教会の公式立場は
「皆が皆 悪い」。だったから 当時の感覚では悪魔でも見るやうな目つき だったのかと
興味深かった。(話には聞いてたけど映像で見ると説得力が有る)。
かう云うシーンで思い出すんは シドニー・ポワチエ主演の名画「野のユリ」の
食卓の場面で 風来坊の黒人青年が布教に来てる尼さん達に「此処アメリカでは
食前の祈りでもアーメンとは言わづ エーメンと言うのさ」。と したり顔で
教え 厳粛なる祈りの時間がゴスペルに為ってゆくのだが 本編 観ながら
そのシーンと二重写しに為った。
つまり「野のユリ」の黒人青年が本編ではユダヤの男性・・。そんな作りかと。
本編でも最後の方で有名なマタイ伝の一節が読まれてたけど 映画「野のユリ」の
野のユリの意味も福音書の一節の意味だし 本編の「夜明けの祈り」の意味も
そんな処に有るのでは?と思いましたね。

背景の音楽は当時の尼さんの修道院らしく女声のグレゴリー聖歌ばかりなんだけど
最後に少しだけショパン・タッチのノクターンのやうなピアノ曲が流れ
生まれがポーランドで没したのがフランスだったショパンの曲を使ったのかな?
と一瞬 思いましたが 如何?

まぁ 21歳でプロテスタントで洗礼を受け・34歳でカトリックに改宗し・
生活費 稼ぐ為 母親の菩提寺で働いてる身に取って 本編の尼さん達の苦悩が
痛い程 伝わり 他人事の映画では無かったですねぇ~~。
宗教と現実の住み分け。永遠のテーマですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/1136 《前のページ | 次のページ》
/1136