teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/1136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「ローサは密告された」雑感。

 投稿者:みきお  投稿日:2017年10月25日(水)20時12分38秒
  通報
  かなり重い映画で在る。
のは解ってたが後半部で残った子達が健気に働くので その分 気持ちが救われる。

マニラの下層社会で生きる家族の物語なんだけど両親が麻薬の密売で捕まり
残った3人の子達が両親を放免 出来る銭を作ろうと働く。
印象に残ったんは未だ学生の娘。普段は綺麗な学生服 着て学友と御喋りに
夢中だけの生活が一変し 疎遠に為ってる叔母に銭を借りに行くシーン。
その顔には女学生のアドケナサは消へ すっかり大人びてる。
同世代で有ろう働いてる従兄弟から なけなしの蓄へ貰い お礼を云う場面
では 娘では無く家父長 代理みたいな風格さへ感じられた。
かって フイリッピーナに入れ揚げると女の大家族までタカリに来ると
聞いたものだが 娘が家族の為に労す ってのは彼の国では美徳で又 当然と
受け入れられる国民性なのかと思った。

でも 主役の母親役を やった女優がカンヌで最高賞ってのが意外だった。
確かに スーザン・ヘイワードの「私は死にたくない」と同レベルの白熱の
熱演だったんだけどカンヌの女優賞ってのが ねぇ。マーロン・ブラントが
主演の「サヨナラ」でオスカー助演を得たジャズ歌手のナンシー梅木さん
以上の意外性だった。
映画自体は素晴らしいモノだったのだけどカンヌのレッドカーペットに
載せられた ってのに何かキナ臭い政治性を感じた。
フィリッピンの麻薬撲滅運動の過激さにサオサスのが目的の賞でなければ・・。
と思うのだが。

 
 
》記事一覧表示

新着順:5/1136 《前のページ | 次のページ》
/1136