teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/1136 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「PATERSON」雑感。

 投稿者:みきお  投稿日:2017年11月12日(日)20時50分23秒
  通報
  普通の日常を普通に描いた偉大な映画。
(一言で言い現わすと さう為る)。

主役の男が何処にでも居るやうなノッペリとした顔立ちで職業が路線バスの運転手。
楽しみが詩作と場末の呑み屋でビールを一杯 引っ掛けるだけと云う面白みに欠ける
日常が延々続くだけで 米国映画お約束のド派手なシーンも無ければ急転直下の
プロットの展開も無く オー・ヘンリーの名作「賢者の贈り物」に登場する若夫婦
のやうな お互いが労わり合うだけの会話が1週間 続くだけの映画なのだ。

其れが目に優しく・耳に心地 良く 読後感スッキリの秀作に為ってる。

印象に残った断片的な場面を少し話すると。
公園のシーンで見知らぬ東南アジア系の背広男から声を掛けられるのだが
掛けて来た眼鏡の男は盛んに「恐縮ですが」のフレーズを使ってたので
直ぐ日本人だと判った。かう云う持って回った枕詞 入れないと何も話を
切り出され無いってのは日本人特有で 自分も同じ言い方しただろうと
面映ゆい思いが した。

「金津 創作の森」あたし行けば こんな夫婦も居るだろとは思ったが
実際 近所に こんな夫婦が居たら かなり薄気味悪く感じると思う。
夫は詩作の手帳を肌身 離さづ持ち歩き・妻は高価なギター片手に芸能界
デビューを夢 見てて 二人には将来の生活設計の「せ」の字も出て来ない。
別に悪いと云う訳でも無いけど 遅かれ早かれ破綻する夫婦のやうにも思える。
だから こそ
人に感動を与えるドラマにも為り得るのだと 見終えて感じたのだが。

最後に 劇中 二人が地元の映画館で白黒映画 観てる場面が有って 映画は伝説の
コメディアン コステロのフランケンのパロディ物だったんだけど
フランケンシュタイン博士が造り出した人造人間はキャラが立ち過ぎてるので
昔からパロディ化され易い。観ながら 40年前に為るか日本のコミック漫画
「怪物くん」に登場しててたフランケンを思い出して懐かしかった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/1136 《前のページ | 次のページ》
/1136