teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/1147 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「50年後のボクたちは」雑感。

 投稿者:みきお  投稿日:2017年11月23日(木)02時08分24秒
  通報
  リチャード・クレーダーマンのデビュー曲「渚のアデリーヌ」が何度も
効果的に使われて居た。この曲はFBCラヂオの番組間の間奏曲として
長らく使われてて耳に馴染んでるので懐かしかった。
特に主人公の二人が4WDで農道の一本道を疾走する場面を鳥瞰図的に
俯瞰撮影してる時に多重音で使われ実に効果的で有った。

物語的には ジョージ・ロイ・ヒル監督の「サンダスとブッチ」の珍道中の
やうな感じで 途中 女が入るのも 又 抜けるのも同じ。
音楽も前者が大バッハのジャズ・バージョン化で 後者は復古調のクレーダーマン
だから趣向も よく似てる。チラシにも有る下が満面の水で岩山に主人公達が
は 前者の二人が断崖から飛び降りる場面の背景と よく似てる。
たまたま かも知れないけど 作者は映画「明日に向かって撃て!」を観て
誘発されたんぢゃ無いのかと想像してしまった。
若し マイクとチックって云う14歳の二人の少年が そのまま成長して
タイムマシンか何かで米国の開拓時代の中西部に転送されたら サンダス・ブッチに
為って列車強盗~ボリビアで軍隊にハチの巣の呈だろが 本編は高速の
クルマ事故程度で済み命には別条 何んとも無かった。
本の原作者も主人公達に優しいのだと思う。

映画自体 面白かった。
技巧に溺れ引きづられてしまいがちの中に在って上手く技巧を使いこなして居る。
チラシに有る通り監督は「名匠」なんだろうと思う。
所謂「職人芸」と云う奴で続けて老人の映画も難なく作れるだろなと感じた。
観ながらホント50年後のボク達を描いた作品も続編として世に出して
欲しいと思った。それも其れで面白い作品に仕上がると感じた。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/1147 《前のページ | 次のページ》
/1147