teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/1170 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「デトロイト」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 3月23日(金)20時30分35秒
  通報
  予想してた以上に骨太な映画だった。
1939年の「風とともに去りぬ」は日独との戦争が避けられぬってな状況下で堂々と
作られた。さうした国力 云うか 懐の広い文化 云うか それが今でも米国の良さ
だと感じつつ観て居た。

昨今の人類史では 太古の昔 アフリカのケニアから30人ばかりの家族が外に出て
全世界に散らばり今日に至ってるってのが遺伝子の研究から解明されてるのださうだ。
つまり 人類の祖先は黒人から始まり 後に白人・黄色人が生まれたのださうだ。
私が高校で学んだ思考で云うと逆だったんだが 以降 暗黒大陸と云われたアフリカの
遺跡の発掘なんぞも頻繁に行われ調査もされ新たに判った結果なんだろうと推察される。
思ふに 差別ってのは事実誤認から始まるやうに感ずる。
白人の祖先が実は黒人だったのが判れば「ブラック パンサー」は出現しても
「KKK」は生まれやうも無かったかと思ふ。
いつの時代でも歴史の教科書って 勝った者が負けた者をイイやうに扱う物では
有るのだけど。

映画的には ’60年代のサウンドが流れ「シュープリームス」も生で見れたので
お得感が高かった。真ん中の娘は後年「ビリー ホリディ物語」で主演し
今もベガスでソロで歌ってるやうで 若かりし頃の舞台を垣間見へて嬉しかった。
最後の登場人物達の「その後」の説明手法では コスタ・ガボラス(監督)の「Z」の
手法を想起させた。確かフランスとギリシアの合作だったか。



 
 
》記事一覧表示

新着順:7/1170 《前のページ | 次のページ》
/1170