teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「被ばく牛と生きる」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 3月11日(日)07時59分28秒
  かなり前のNHKの「みんなの歌」で森山良子が「ドンナ ドンナ」を歌ってて居て
その歌詞に出て来る子牛のイメージと だぶらせて観て居た。
本編はラヂオの「日曜名作座」でも長年 知的で可憐な落ち着いた声優ぶりを披露してひる
竹下景子がナビを務めてて居たので余り構える事も無く等身大で鑑賞が出来たのが
本作のスタッフの腕の見せ所かと感じた。

原発の問題は難しい・・。
反対するにせよ・賛成側に回るにせよ 痛し痒しで一筋縄では行かぬ。
世の中の構造が複雑に成り過ぎてるのが功罪半ばする原因と思うのだが。
 
 

上映予定

 投稿者:こばやし  投稿日:2018年 3月10日(土)11時08分42秒
  「あなたの旅立ち、綴ります」公式サイトにてメトロ劇場で上映予定とあり楽しみにしています。詳しい予定の公開をお願いします。  

キセキの葉書

 投稿者:ざんくろう  投稿日:2018年 3月 8日(木)17時25分33秒
  いい映画でした。
映画全体で、何処かがとびきり良いと言うことはありませんが
元ストーリーの力が強く、映画に引き込まれた90分でした。
良い映画を上映してくれて、ありがとうございます。

次は岩合光昭か、映画音楽か、どちらか迷っています。
 

「キセキの葉書」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 3月 6日(火)16時01分17秒
  二度も書いてる途中で文が消えてしまった。
此方の込み打ち損ないなのだが 本編同様 気分が乗らない。
映画自体は悪く無いのだけど 主人公役の女優サンの胸の大きさと同じでイマイチ・・
足りない。まるで やらづ・ぶったくりのAV買った時のやうな心情だ。

映画は上手く出来てた。女性目線の女性の映画だから普通の女性なら全員が全員 泣く
だろう。例へば エンディング曲に使われてた本田 路津子の「耳を すませて ごらん」
は主人公の等身大の応援歌だろし その前に使われてた「花の街」は実母の世代の
応援歌に為るのだろう。曲同士の制作年度の差は丁度25年で娘が母親に為る年数とも
符号する。映画自体は素人集団が立ち上げたにせよ シッカリ脇を玄人が固めてる感
有り有りで国際的な賞を獲ったんも頷けた。

只 物語として男の出番が少なく主人公の大分の実父なんかでも もっと増やしても・・。
と思ったし 主人公の妻の人生の伴侶は完全に娘 ないし息子に移ってた。
夫は完全に給料運搬人・マスヲさんで在り その事に付いて触れられて無かった点が
大いに不満に感じた。おそらく夫は不倫してるか・キャバクラの常連に為ってるか
どっちかだと思われたが。

「このままでいいんや、このまま幸せになるんや」は浄土真宗の法話の席で
よく布教使が使うフレーズ。なので主人公の女優が神々しく九条武子に見へた。

 

「ゴッホ・最後の手紙」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 3月 4日(日)21時45分5秒
  副題が「最後の手紙」だから弟に宛てた最後の書簡をモチーフにした
創作劇なんだろうが手法が斬新で魅せられた。正直 云って其の手法
見たさに来館したってな処。

ゴッホ その人に付いては昔から嫌いな画家だ。
目にケンが有るし 絵そのものもコテコテした感じで墨絵のやうな
水彩画のやうな絵を好む身として到底 好きには為れない。

本編はゴッホの謎の死をサスペンス物として仕上げて居たけど 映画人が
絵画的手法で作った云うより絵描きの集団が映画的手法を使って自分達の
「父」で有るゴッホの一面に切り込んで行った・・。そんな趣を感じた。
世界的に著名な画家 百人がゴッホの絵を動かす方法で作り上げたらしいけど
近代絵画の父と云われるゴッホと さぞかし一体感を覚えながらの作業だった
のだろうと推察する。昔 日本の有名な版画家の日常を描いたドキュメント映画
「わだはゴッホになる」ってな映画が有って 国際的な賞も受けた邦画なんだけど
その中でベートーベンの「合唱」を口づさみながら一心不乱にノミで版木を
掘ってた場面が有って 当時の西ドイツの映画祭で審査委員達から大拍手が
湧き上がった話を想い出した。「わだ」云うのは 其の版画家が生まれ育った
東北・青森では「私」と云う意味で彼も又 ゴッホと一体に為りたかったのだろう。
彼の名は棟方志功だったか。

本編の手法はホントに斬新で旧態依然とした手法しか知らぬで有ろう今の北朝鮮の
映画人達が若し観たら腰を抜かす程 驚愕して自らの無知を恥じるだろうと思った。

名子役でも有った映画女優 高峰秀子が書いた自叙伝「私の渡世日記」の
中に かう云う下りが有る。
時は昭和17年の事だったか 或る日 映画会社の御歴々に内々で数人が呼ばれ
会社の試写室で極秘でアメリカ映画の上映会が行われたらしい。
漏れ訊く処に依れば日本軍が或る街に攻め入った時 其処の映画館にフィルムが
残されて居り秘密裏に輸送されて東京の映画会社に運ばれたらしい。
そして当時の軍部の文化部が映画人達に観た感想を求めて来たのださうだ。
その当時の最新作「風とともに去りぬ」とかディズニーの「ファンタジア」とかで
深夜の上映会が終わって皆がビルを出たら外は明け方だったらしく
その中の一人が思わづ「あんな国と戦争したらマズイな・・」。と呟いたさうな。
その数人の中にデコちゃんも居た訳なんだけど 本編の斬新な場面を見てたら
その話を想起した。

映画は其の国の文化のバロメータだけど同時に国力の象徴でも有る。
本編のエンドクレジットの中に「NHK エンタープライズ」の名が見へ
日本人として誇らしく感じた。


 

「悪と仮面のルール」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 2月26日(月)23時10分36秒
  かなり重厚な映画だったが正直よく内容は飲み込め無かった。

まるで舞台劇のやうで しかも画調が昭和の40年代 外国映画で云うと
フイルム・ノワールのヒットマンのやうな趣を感じた。
主人公の役者の声質が鬼籍に入ってる細川俊之ソックリで驚いた。
若しかして わざと二枚目俳優だった細川サンに意識的に似せてるのかもと
思ったけど 実際 どうなんだろうか? 若いし・イケメンだし・オリエンタルな
雰囲気も充分 有るしで 早々にハリウッドに渡れば早川雪舟サン並みに
成功するかも知れぬと感じたけど。

自分的に感情移入が出来たんは主人公が雇った探偵の初老に近い男性。
年齢的に歳が近いってな理由も有るんだけど 子供の頃の主人公を実は知ってて
それを口に出さないってな処が大人としての思慮深い配慮のやうに感じられ
「自分でも ああするな」。と感じた。
二人の男女は共に児童虐待を受けてたので一種「戦友」に近い感情でお互いが
心的に結び付いてたのだろうと思うのだが もう一押しが足りづ友達夫婦には
成れなかったと思われた。残念だけど概して世の中そんなもんだな~~。と思ふ。
人生 涙の別れの方が数的に遥かに多いからね。泣いてる暇なんぞ此の世に
有りは・・しない。
 

> 上映作品のリクエスト

 投稿者:メトロ劇場  投稿日:2018年 2月25日(日)22時20分41秒
  『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
は上映決定しております。(4/14~5/4)
随時上映作品は更新いたしますので下記ページにてご確認ください。
http://fukuimetro.jp/blog-entry-205.html
ご来場お待ちしております!

http://fukuimetro.jp/blog-entry-205.html

 

上映作品のリクエスト

 投稿者:映画中毒のニャース  投稿日:2018年 2月24日(土)11時14分11秒
編集済
  ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ
の上映をお願い致します。

2017年の夏、アメリカでたった5スクリーンから始まった公開だったが、口コミが広がり2600スクリーンまで拡大し大ヒット。多数の賞も受賞。
パキスタン出身の男性コメディアンとアメリカ人女性のカップルが、結婚に向けて文化の違いによる数々の壁を乗り越えていくさまを、実話を元に描いたコメディドラマです。
日本では2018年2月23日公開です。

原題 The Big Sick
制作年 2017年
制作国 アメリカ
上映時間 120分



 

「ヒエロニムス・ボス」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 2月23日(金)04時51分50秒
  彼はダリの絡みで名前だけは知って居たが詳細は解らづ 本編を観て少しは解った
気に為った。それ程までに美術講義の番組として有意義で90分番組が3時間番組の
やうな濃度の濃さを感じ Eテレの「日曜美術館」の海外版のやうな趣が有った。

冒頭の三連の大仕掛けの絵には狩野派の屏風絵を思い出し・擬人化された手法には
「鳥獣戯画」を想起させ・幽玄や夢幻の世界観には白魔術のタロット(カード)の
絵柄と似た嗜好を感じた。祖父の代から三代 続く絵描きの家系らしいが
「あやかし」のやうなジプシーの血が入ってるやうな気がした。
漫画家・美術史家・画家・美術館の係員 等に混じって40前の女性シンガーが
絵を観た感想を話してたけど  彼女の感覚が自分に取って一番 近い感想・感性
だと思った。理論づけや・後づけぢゃ無くストレートに自分の毛穴感覚で感想を
述べてる点 好感を感じ身近に感じた。
自分もワンカラの個室に入れば長年ジャズだのシャンソンだの歌ってるので
彼女の自らの音楽との対比は興味深かった。

仕事の除雪と持病の神経痛でヨレヨレで館に来たが 来るだけの値打ちの有る
映画で エンド・クレジットの最後に「プラド美術館」の名が見へ懐かしかった。
之 スペイン語会話学習のテキストでは定番の場所だから。
 

「追想」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 2月18日(日)15時39分47秒
  題名の「追想」から連想されるのは二度目のオスカー主演を得たバーグーマンの映画で
本編も「さうだろ」。と思って銀幕の前に座ったら外れたので少し気落ちした。
此れは此れで「好品」では有ったんだけど。

映画は1975年の作だから一度は観た事が有る筈なんだが どうも初公開時の時が
思い出せない。概して欧州映画は地味だからなんだろうが帰宅して見たチラシの
ロベール・アンリコだのロミー・シュナイダーだのの名が懐かしく瞬間20代だった
自分に戻ってた。
冒頭の場面とエンド・クレジットの絵柄が同じで 後半もメリハリが利いた作りだった
ので観てても安心感が広がった。バックの音楽もフランシス・レイ タッチの心地よい
電子ピアノの静かな掛け合いだったのでまるで「ゆりかご」気分だった。
主演の男優は「地下鉄ジジ」にも出てたらしい・・。この映画は仏版「自転車泥棒」の
やうな映画でジジと云うルンペン少女と(歌って踊れる名優との)絡みが
面白くリバイバルで観た時には買った映画音楽全集のレコードの中に此の映画の
挿入歌「ジジ」が入ってたので よく聴いてたのを想起する。
出演してた名優は確か モーリス・シュバイエ?だったか。歌の「ジジ」は彼が
歌ってたのだけど。

本編の物語的には 主人公の医者(外科医)は1944年の仏と云う設定上
政治的に難しい立場だったと推察される。結局は愛する家族を惨殺され好戦的な
パルチザンに変身してしまうんだけど其の過程で盛んにフラッシュ・バックが
使われ主人公の気持ちの起伏が よく解った。
対する12人のドイツの将兵も人間的に描かれ好感を感じた。
思わづ米国テレビドラマの「コンバット!」に登場するドイツ軍の将兵を
思い出した。
 

レンタル掲示板
/117