teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


上映会のお知らせ

 投稿者:スケルトン・フイルムズ  投稿日:2017年 8月12日(土)14時35分49秒
  本年度(2017)の「戸田博監督作品上映会」の開催場所と期日が以下の通り決定しました。

SKELETON FILMS:http://www.skeletonfilms.com

*上映会のお問い合わせ:
090-6067-0172 【福井市上映実行委員会】
080-4493-3546【大阪市谷町劇場 及び 岡山県(倉敷市・矢掛町)上映実行委員会】

8月20日(日曜日)
*岡山県矢掛町:やかげ文化センター
「京都、夏 」 14:00~15:30 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=pWdgVcEPgRc
(モスクワ国際映画祭【ロシア】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:監督賞・男優賞・女優賞・脚本賞・インディペンデント=スピリット賞/ケララ映画祭【インド】入選:監督賞・ネットパック賞・他多数)

「桜島早春 」 15:45~17:15 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=no8PISptHww
(モントリオール世界映画祭【カナダ】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:作曲賞・人間讃歌特別賞)


8月21日(月曜日)
*岡山県倉敷市:倉敷市芸文館 アイシアター
「京都、夏 」 14:00~15:30 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=pWdgVcEPgRc
(モスクワ国際映画祭【ロシア】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:監督賞・男優賞・女優賞・脚本賞・インディペンデント=スピリット賞/ケララ映画祭【インド】入選:監督賞・ネットパック賞・他多数)

「桜島早春 」 15:45~17:15 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=no8PISptHww
(モントリオール世界映画祭【カナダ】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:作曲賞・人間讃歌特別賞)


9月2日~4日(土曜・日曜・月曜)
*福井県福井市:メトロ劇場
9月2日(土曜日)上映作品:
「春 雪」 18:30~19:50 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=yM3vsUwe-NM
(マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭【ドイツ】入選/リヨン映画祭【フランス】観客賞/パピエミュール国際映画祭【フランス】入選:グランプリ・他多数)

「夏の宴」 20:05~21:20 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=EONLQSS3E0E
(リヨン映画祭【フランス】観客賞/ツアー映画祭【ポーランド】入選:脚本賞/アリゾナ映画祭【USA】入選/トレント映画祭【イタリア】入選・他多数)

9月3日(日曜日)上映作品:
「夏の叫び」 18:30~19:50 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=rx_RjvpBz1M
(モスクワ国際映画祭【ロシア】入選/デリー国際映画祭【インド】入選/ウルグアイ国際映画祭【ウルグアイ】入選)

「十二月の空」 20:05~21:30 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=ggWuAn05GBY
(リヨン映画祭【フランス】グランプリ/ニューヨーク国際インディペンデント【USA】映画祭:監督賞/カンボジア映画祭【カンボジア】:グランプリ/サンパウロ国際映画祭【ブラジル】入選・他多数)

9月4日(月曜日)上映作品:
「京都、夏」 18:30~20:00 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=pWdgVcEPgRc
(モスクワ国際映画祭【ロシア】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:監督賞・男優賞・女優賞・脚本賞・インディペンデント=スピリット賞/ケララ映画祭【インド】入選:監督賞・ネットパック賞・他多数)

「七度猫」 20:10~21:30 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=axcmRgHJ0so
(ムンバイ国際映画祭【インド】入選/ケララ国際映画祭【インド】入選)



9月9日~10日(土曜・日曜)
*大阪府大阪市:谷町劇場(劇団大阪アトリエ)

9月9日(土曜日)上映作品:
「京都、夏 」11:30~13:10 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=pWdgVcEPgRc
(モスクワ国際映画祭【ロシア】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:監督賞・男優賞・女優賞・脚本賞・インディペンデント=スピリット賞/ケララ映画祭【インド】入選:監督賞・ネットパック賞・他多数)

「七月の別れ」 13:25~15:05 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=w0WGyPAAzII
(最新作)

「桜島早春 」15:20~17:00 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=no8PISptHww
(モントリオール世界映画祭【カナダ】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:作曲賞・人間讃歌特別賞)

「京都、早春」 17:15~18:55 http://www.youtube.com/watch?v=WObsC59NYVg
(ムンバイ国際映画祭【インド】入選/京都国際映画祭入選)

「薩摩に生きる」 19:10~21:10 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=CnicCaMUWlI
(ブッダ国際映画祭入選【インド】:長編映画監督賞)

9月10日(日曜日)上映作品:
「京都、夏」 10:30~13:10 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=pWdgVcEPgRc
(モスクワ国際映画祭【ロシア】入選/モナコ国際映画祭【モナコ】入選:監督賞・男優賞・女優賞・脚本賞・インディペンデント=スピリット賞/ケララ映画祭【インド】入選:監督賞・ネットパック賞・他多数)

「七月の別れ」 12:25~14:05 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=w0WGyPAAzII
(最新作)

「薩摩に生きる」 14:20~16:20 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=CnicCaMUWlI
(ブッダ国際映画祭入選【インド】:長編映画監督賞)

「七月の別れ」 16:35~18:15 予告編:http://www.youtube.com/watch?v=w0WGyPAAzII
(最新作)
 
 

(無題)

 投稿者:リクエスト  投稿日:2017年 8月 8日(火)11時46分34秒
  海辺の生と死
観たいです。
宜しくお願いします
 

「パーソナル ショッパー」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2017年 8月 1日(火)20時29分19秒
  パーソナル ショッパー って私的な買物をする雇われ家政婦の事らしぃ。
初めて聞く職業だったけど。

映画は 実に不思議だった。
冒頭 30前の女が単身 夕暮れの山中の誰も居ない洋館へ入ってゆく。
本人は霊媒師で依頼されて屋敷にゴーストが居ないか確認してるのださうだ。
以降 映画は そのパーソナルショッパーなる仕事をして居る彼女の日常へと
戻るんだが スマホに見知らぬ人からのメールが入るやうに為って話は怖い展開へ。
端的に云って 映画の入りも途中も最後も米国のテレビ・シリーズ「Xファイル」の
やうな展開で 何やらシリーズ化されさうな終わり方だった。

この映画 フランス映画には為ってるけど登場人物は概ね英語で喋ってたし
英仏の合作と受け取ったんだがねぇ。吹き替え版の英語バージョンの作品だったみたぃ。
仏蘭西人は「英語 何するものぞ!」と自国語に矜持を持つ国民性と聞いてたんで
かうした英語バージョンの作りに映画以上の斬新さを覚へた。
仏蘭西映画界の対外戦略の一環なのかと思った。

横糸にファッション界の闇・縦糸に霊界通信の話と少し欲張り過ぎで消化不良の感あり。
見終えて ポリス・カーロフの怪奇映画を見たく為った。
 

リクエスト。

 投稿者:みきお。  投稿日:2017年 8月 1日(火)07時40分17秒
  仏映画の名花 ジャンヌ・モローさんが89歳で亡く為りました。
作品的には「死刑台のエレベータ」が好きなんですが カンヌで女優賞を獲った
「雨のしのび逢い」(1960年)をリクエストして置きます。
どっか適当な処に差し込んで置いて下さい。(合掌)。
 

「未来よ こんにちわ」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2017年 7月27日(木)21時18分41秒
  映画も終わって饒舌に為ったら悪い映画。反対に沈黙の空気が流れたら良い映画。
これは拙い私の経験値なんだけど 今回も かなり長い沈黙が流れた。
やうやく沈黙が解けたんが帰ってパソコンの前に座った時で 今回も当たりの映画だった。

主人公は保守的な生活が好みと受け取ったんで流れて来る音楽は古いシャンソンかと
思いきや ウディ・ガスリーの古いウエスタンとかで上手くかわされた感じ。
でも 最後にクリスマス・ツリーの横のホームパーティで「アンティング・メロディ」が
讃美歌風に流れて来て玄妙なる思いがしたので欧州風なエンディングで良かった。

主人公は哲学の教師で見た感じ50代後半かな。
居候の実母は入院~施設~突然死。25年 連れ添った夫には女が出来て離婚。
娘は結婚し子が生まれ自分はオバアチャン。数年で暮らしは激変したけど粛々と
現実を受け入れ淡々と生きてゆく。その映画の中に流れてる空気は「東京物語」とか
「晩春」とか小津作品に流れてた空気と何処か似通ってる気がした。
原 節子の主人公も凛として前を見て居た。本編の主人公も さう。
凛として現実を素直に受け入れる。その気高さと聡明さに感心させられる。

主人公の女優の演技は渋く元々は舞台俳優のやうな気がした。
室内のシーンでもカット割り無しの目線だけで芝居する長めの場面が在って
舞台を見てる感じがした。
主人公の元モデルだったと云う役所の母親役の女優は老いたりとは云へ綺麗で
1970年代 モデルから女優に転身したミレーヌ・ダルクを思い出した。
髪も金髪。髪型も同じ。今 彼女 どうして居るのやら・・。
フランス映画社 気付で二度ファンレター 日本語で出したんだけど。
 

(無題)

 投稿者:marine  投稿日:2017年 7月25日(火)12時56分17秒
  『静かなる情熱』をお願いいたします。

http://dickinson-film.jp

 

「娘よ」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2017年 7月24日(月)19時34分42秒
  題名からしても戦前の傾向映画のやうな政治的メッセージの強い作品かとウンザリ顔で
座席に座ったが 前半に一部 見受けられたにせよ 全体として詩情 豊かな映像と
音楽が流れ まるでパキスタン観光庁のPR映画のやうに気持ちが誘われた。
実際 作者は「母国と母に捧ぐ」と言ってるのだが その趣旨が ひしひしと伝わって
来る映画だった。

観ながらも 現れる景色の一つ一つに遠い過去に出会ったかのやうな郷愁を覚へた。
言葉も風景も文化も負ってる歴史も違うのに・・だ。
かなり前 NHKの番組で「日本の稲作の原点は何処か?」的な探究番組が在って
その結論として今のパキスタン付近が日本への稲作の伝播の始まり的な仮説が出てたけど
「それが理由か?」と妙に得心しながら映画を観てしまった。

映画初出演と云う娘役の子は向こうではパキスタンの「ご当地アイドル」なんだろ。
福岡時代の橋本 環奈のやうに可愛く芸が達者だった。
母親役の女優は母親役を やり始めたばかりの鰐淵晴子さんに見へた。

おそらく作者は英米あたり留学の経験が有るのだと思う。
視点が海外からのUターン組の視点に見へたから。
端的に言ってパキスタン航空に乗って彼の地を見て回った気分に為りました。

 

片渕須直監督 舞台挨拶付鑑賞券 発売中

 投稿者:メトロ劇場  投稿日:2017年 7月24日(月)19時29分46秒
  ホームページでもお知らせしておりますが、7/22(土)よりメトロ劇場内にて「片渕須直監督 舞台挨拶付鑑賞券」の販売中です。


【開催概要】
 福井メトロ劇場では、毎年"終戦の日"前後、『平和と環境 for Peace』をテーマに作品をお送りしております。今回は昨年11月に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞、内外の賞を多数獲得、国内観客数200 万人を突破し、なお現在も全国各地でロングラン上映が続いている『この世界の片隅に』を中心にお送りいたします。
 またこの機会に福井に来たことのない片渕監督を呼ぼうと、SNSなどで監督へのメッセージを募集したところ、福井・全国各地のファンの熱い想いが届き舞台挨拶が決定いたしました!皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さい!

■日程:2017年8月16日(水)
■場所:福井メトロ劇場
■時間:
 ①13:20~14:53 『マイマイ新子と千年の魔法』
  15:00~15:20  第一回 片渕監督 舞台挨拶
 ②15:40~17:49 『この世界の片隅に』
  17:50~18:50  第二回 片渕監督 舞台挨拶&サイン会
■登壇者:片渕須直監督

【チケット販売】
■料金(税込):通常料金
■販売スケジュール
 [劇場窓口販売]:7/22(土) 劇場OPEN時~
 [メール予約] :7/22(土) 11:00~ ※「メール予約について」参照

【注意事項】
※特別興行につき、各種割引券・各種招待券などはご利用いただけません。
※お電話でのご予約は承っておりません。
※チケットご購入枚数は最大お一人さま4枚までとなります。
※転売・転用目的の購入は固くお断りいたします。
※全席自由席となります。
※各回上映の20分前より、窓口販売→メール予約の方の順にご入場いただきます。
※ご購入後の払い戻しは承っておりません。
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
※場内での撮影(カメラ付携帯電話を含む)および録音は固くお断りしております。
※当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承ください。

【メール予約について】
下記メールをfukui-metro@live.jp宛にお送りください。

宛先:fukui-metro@live.jp
件名:片渕監督舞台挨拶予約
内容:
◆氏名
◆お住まい(都道府県・市町村まで)
◆電話番号
◆希望会
 ①13:20~『マイマイ新子と千年の魔法』 第一回 片渕監督 舞台挨拶
 ②15:40~『この世界の片隅に』 第二回 片渕監督 舞台挨拶&サイン会
◆備考

※先着順に25名様受け付けます。折り返しメール差し上げます。
※座席数に限りがありますので必ず来場される方のみ予約お願いいたします。
※メール予約内容を元に当日券をご購入いただきます。

http://fukuimetro.jp/

 

(無題)

 投稿者:リクエスト  投稿日:2017年 7月17日(月)10時00分54秒
  世界は今日から君のもの
観たいです。
宜しくお願いします
 

私も

 投稿者:きったん  投稿日:2017年 7月15日(土)17時47分0秒
  きらめく拍手の音、観たいです。
先日、ラジオ番組「タマフル」で手話の特集が放送されており、
その中でも、「聾者を知るために、今見てほしい映画」と紹介されておりました。
近年、障害を題材にしたドキュメンタリー映画を観るようにしているのですが、
質が高くて、面白いものが多い気がします。
本作もいい評判を耳にしますので、ぜひ鑑賞したいです。

8月のイベントは、私も楽しみにしております。
あと、ちょうど一カ月。待ち遠しい。ふふ。
 

レンタル掲示板
/115