teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


やっぱり

 投稿者:匿名メール  投稿日:2011年11月27日(日)08時24分50秒
返信・引用
  やっぱりこうなってしまったか。。問題は保呂区にあるが、水本町長にも無きにしも非ず。そもそも前町長との選挙時に、当選のあかつきには、・・・という密約もしくは暗黙の了解が有ったはず。町長選に出馬前には公約を打ち出す際には、保呂区の要望全部の実現はできないと分かっていたはずでは?

http://www.touch-shirahama.com

 
 

未だに解決しないゴミ処理場問題

 投稿者:匿名メール  投稿日:2010年 8月15日(日)19時45分43秒
返信・引用
  先日、唐突にも思える白浜町の財政危機の紀伊民報記事報道についてですが、誰がどうということは全く書いておらず、淡々と数字を並べていましたが、それが逆に立谷前町長への痛烈な批判だろうと思っていました。(現職の水元町長は就任から僅か半年なので誰も追究しないでしょう。)しかし、本当に破綻しかねない行動を水本町長は取ろうとしているのではないですか?そんな噂がまことしやかに囁かれています。。。たった一つのことを止めれば白浜町は、少なくとも当面は、破綻しません。それは、保呂地区にゴミ処理場利用延期契約に当たって、見返りに行う予定の公共事業など数十項目に亘るという看過出来るレベルを越えた超優遇策の撤回です。今回、保呂地区絡みで幾らまで使う覚悟なのでしょうか?また、仮に実現できたとしても、保呂地区同様に迷惑施設を引き受けてくれている別地区には手ぶらで行って許可貰いますか?私が迷惑施設を引き受けてきた区長でしたら、区民や自分の権益守る為に保呂区と同レベルの公共サービスの提示が無ければ、とても許可を出せないですよ。ご自分のお金でしたらともかく、公金なのですから、くれぐれも節約して、白浜町を夕張市の様な財政再建団体とならないようにしてください。本件、単なる噂である事をいのります。

http://www.touch-shirahama.com

 

和ネットから転載

 投稿者:no nameメール  投稿日:2010年 7月19日(月)10時10分7秒
返信・引用
  以下、和ネットから転載;

水本町長が「花火大会なんか無くてもいい」と言ったと聞いたが?それとも幾ら漁業権を盾に猟師達が花火大会開催の許可を出さなくても強硬開催するのかな?漁師の説得に真鍋元町長も動かしたらしいが、説得に至らずか。まあ、当たり前やなあ。遥か昔の化石に説得されてもねえ。誰かの指示なのか分からないけれど、何とか自分自身交渉しようという意志は水本町長には無いようだ。
事の発端は、前回の町長選挙時に湯崎近辺で水本陣営が流したとされる、立谷元町長が勝てば、湯崎湾埋め立て事業完了後、埋立地内に湯崎や瀬戸の漁師は優遇的に破格の安値で入居できるとする事業所向け建物を建設するとの噂。この具体的でリアルな噂を踏まえて、湯崎湾埋め立て工事は中止すると水本町長が選挙期間中に湯崎で宣言。この噂をすっかり信じて立谷元町長に反発した湯崎の票数をひっくり返した。事実無根のお話で水本陣営に利用され、地元住民からは白い目で見られた漁師達はたまったもんじゃない。幸い、湯崎湾埋め立て事業については、水本町長が方針転換して継続されることになったが、漁師達の怒りは、それだけでは終わらない。花火大会まで時間が無いが、水本町長は何も手を打たないのか?観光協会などは何とかしようと奔走しているが、水本町長の無責任な態度に怒っている人は少なくないぞ。

http://www.wa-net.net

 

匿名投稿について

 投稿者:管理者メール  投稿日:2010年 6月21日(月)21時23分13秒
返信・引用
  本掲示板では、匿名にしたくても、メールアドレスとURL入力が必須です。
今後、匿名での書き込み希望の場合は、以下のとおりに入力ください。
メールアドレス:anonymity@touch-shirahama.com
URL:http://www.touch-shirahama.com

以上。

http://www.touch-shirahama.com/

 

gikai

 投稿者:no nameメール  投稿日:2010年 6月19日(土)07時18分7秒
返信・引用
  あの議会での答弁は余程のアホか、腹黒い人間で無いとできないでしょう・・・。元与党の人は大人しかったから、なめられてるのかな?公約のゴミ袋に不記名は、実施しないことに。「皆様の長年の取り組みを知らずに・・・」って公約を思い付きだけで書いてる?「湯崎湾事業は継続」だって。理由は途中で止めると国や県に今まで注ぎ込んだ費用数億円を返還することになるからだって!当たり前やん!何事も調べてからね・・・。行財政改革の更なる推進はどうするか?には、平草原にある旧温泉資料館を遊ばせておくのは勿体無いから、親と子が話し合いが出来る場にしたいって、質問の答弁になってないやん!しかも親子の対話は普通は自宅でするものだと思うけど・・・。間違ってる?元与党だった人達は、予測不能な答弁にあっけに取られたのか、水本与党派に遠慮したのか、答弁内容に対するツッコミ質問はあまり無かったようです。これからは所信表明のみならず答弁も職員がした方が良さそうです。

http://www.touch-shirhama.com

 

介護保険制度について

 投稿者:律谷康一メール  投稿日:2010年 6月19日(土)06時25分31秒
返信・引用
  元々、白浜町の天候は、夏は比較的に涼しく、冬は暖流黒潮のおかげで、暖かく、
雪も滅多に降らない。定年後に住む為に移住してくる人も多い。
どこかのお国と違って、まさか憲法で移転の自由が保証されている日本で、
受け入れ拒否なんて出来るわけ無い。
現在の介護保険両政権は、小泉政権で作られた制度。
小泉政権の改革では、何でも自由競争主義を徹底している。
しかし「応分の負担」となると、ろくに産業の無い残された老人ばかりの田舎町の定年に達していない町民の介護保険が高くなるというのは政策として問題が有る。
この税制によって、田舎はますます没落して行き、都市部では人口急増が促進されるのでは?

http://www.touch-shirhama.com

 

2010年3月8日 産経ニュース

 投稿者:律谷康一メール  投稿日:2010年 3月17日(水)05時49分37秒
返信・引用
  2010年3月8日 産経ニュースから転載

2週間に2回も町長選 「税金無駄」と批判 和歌山・白浜

任期満了まで2カ月を切りながら「住民の信を問いたい」と辞職した和歌山県白浜町の立谷誠一町長(60)が7日の出直し選で勝利した。

公選法の規定により立谷氏の任期は25日までしかなく、同町では22日に再び町長選の投開票をしなければならなくなった。

町によると、選挙費用は開票に立ち会う職員の人件費など約1500万円。

町民から「税金の無駄だ」と批判の声が上がっている。

立谷氏は7日の当選後、記者団に「辞職して民意を問うのは成熟した民主主義社会では必要」と開き直った。

辞職のきっかけは、清掃センターの使用期限問題。

1期目の平成17年、地区役員に「延長はしない」と発言したとされるが、今年3月の期限が近づくと「延長を否定したことはない」と修正。

「同意には町長のおわびが必要」とする地元と対立した。


http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/100308/wky1003081910004-n1.htm

http://www.touch-shirhama.com

 

立谷町長を辞職に追いつめた保呂地区区長

 投稿者:律谷康一メール  投稿日:2010年 3月17日(水)05時42分7秒
返信・引用
  以下、「和ネット」より転載;

うーん、本件についてここのスレッドではこれまでの事件経過についての説明が無いままに立谷町長を罵倒(ばとう)するメッセージが畳(たた)み込むように書き込まれています。
立谷町長が馬鹿だから、無責任だから、意味不明の突然辞職に至ったのだという短絡的な答えでは事件の真相を明らかにできません。
聞きかじった情報の断片を推測でつむぎ合わせて今回の問題の経過について考えました。

★今回の事件経過
「保呂区の狼谷義和区長は「この問題で町長が辞職するのはおかしい。これまでの取り組みが闇に葬られることになりはしないか。自身の発言から発した問題なのだから、任期いっぱいまで解決する努力をしてほしい。このままでは区や住民が悪者になってしまう」と述べた。また、「町長の議会などでの発言に関し、地元の真意や正確なところを知ってもらいたい」とし、区民との懇談会の開催を議会に申し入れた。」(紀伊民報社記事より抜粋)
立谷町長がこの問題解決の為に連日深夜に至るまで保呂区の区長等代表者と話し合いを重ねてきていたのは庁内では周知の事実。保呂区区長が今更懇談会を申し入れるなど、わざとらしいし、もし立谷町長が応じても、また一からの話になる。その間にゴミ処理場の利用更新契約期限が3月末に切れて、4月以降は白浜町のゴミ処理はできなくなるという大変な事態となる。辞表提出に至るまで、ぎりぎりまで話し合いしてきたが、保呂区の責任者達は頑として応じなかった。最終的には保呂区の代表者の要望に沿って職員が作成した”反省文”を今期最終の議会で読み上げることでゴミ処理場の使用契約に応じることになっていたらしい。その内容は、針小棒大というか、大げさ(というより事実無根)もいいところで、立谷町長が馬鹿で間抜けな人間である為に保呂区に迷惑掛けたという内容。こう一言で言ってしまうと簡単に聞こえるが、実際は酷い内容。(公開したいところだが、私にはそんな権限も無いし、ソースも無い。それにお仕事に支障をきたしてしまう・・・。立谷町長の判断にまかせよう。)
立谷町長は当初、失言(保呂区の区長らに今後は広域でゴミ処理場を準備するので、次回契約時に保呂の処理場の使用契約を更新しないと言ったとするもの)自体を否定していた。しかし言った言わないの水掛け論で事態が進展しない為に、保呂区区長等相手に、ひたすら譲歩して行った。その中で、自分の発言で保呂区の住民に誤解を与える所が有ったとしたら謝るというスタンスで譲歩し続けていった。しかし、上記文章を議会で読み上げた上、白浜町全戸に本文章を配布するように言われ、到底できることでなかったので、辞表を出すに至ったのだろう。

★今回の事件の狙い
ここからは推測中心だが・・・。
主な狙いは、立谷町長に町長職を退任頂く事だろう。町長が代われば問題は解決するとの旨を話していたとのこと。
その具体的な方法として、以下の方法を採った;
・交渉時に解決条件として立谷町長に次期町長選出馬を断念させようとした
・3月上旬にある選挙の準備に忙しくなるこの時期に(本件話し合いと称して)連日晩くまで立谷町長を拘束(?)して選挙準備の妨害を図った
・立谷町長を精神的に追い込んで次期町長選出馬を断念させようとした
・立谷町長に議会で上述の謝罪文を読み上げさせて、その上に謝罪文内容を白浜町全戸に配布を要望。イメージダウンによる選挙の妨害を図った。

★本件による町民への影響
先ず、ゴミが捨てられなくなる。実際にはゴミを近隣市町村にお願いして処分して貰う事になる。その分コスト高になり、税金の無駄遣いとなる。

★今後の課題
>信を問う?自分がやっていることが町民一般に理解されてこそ、信を問うというのだ。
>自分の言葉で町民に不信を与え何も知らない住民の支持を得ようなんて甘えもいい加減にしろ、といいたい。養殖池で顔を洗って出直せ。ばか者!!
何も知らない、知らせないでいたことが問題だったと思う。こういった施設を保有する地域との話し合いは、今まで常に非公開で隠密裏に行われてきた。公開してやれば、建前論で断られるから。
本音を聞いて、迷惑施設の建設・利用契約更新において、「見返り」的に色々な要望を聞くというのが、慣例のようになっていた。このこと自体が問題だが、残念ながらその調整をするのが首長の大きな仕事となっていた。
しかし今回の事件を契機に、立谷町長は全町民に本件について職を賭して全部公開した上で、白浜町民の審判を仰ごうと考えたのだろう。
それならば、メディアに本件の全容を公開した上で選挙に出馬するべき。
また、驚かされたのは区長の権限の大きさ。自分の物でもない施設について、利用を突っぱね続けることができるとは・・・。区長という職位上、一定の権限を有するのは当然だが、契約を勝手に打ち切る等という重大事項
を勝手に決める権限が有るというのか?地域エゴであると言わざるを得ない。もし本件のような蛮行がまかり通るのであれば、区長が町長を気に入らないというだけでその町長の首を切ることが出来るということになる。

★意見
今回の事件の発端となった失言についても、失言の有無についてもはっきりしないが、仮に百歩譲って保呂地区区長の言うとおり実際に有ったとしても、どれほど問題なのでしょう?
仮に私などが貴方の立場であれば、「立場上、地区区民に説明する必要有るから、今後気を付けてくれよ」と町長に言えば済む話でしょうと思いますが・・・。
ご自分で、「このままでは区や住民が悪者になってしまう」と(紀伊民報誌で)おっしゃってますが、それは貴方の責任だと思います。保呂地区住民に大変な迷惑を掛けているのみならず、町民にまで迷惑を掛けていますよ。
本件での貴方の行動について批判的な地区住民もいますよ。このような大きな問題を住民の総意を得ずに独断で行っているのですか?
また、その地区を地盤とする溝口耕太郎議員は、議員という立場上、間に入って関係修復に努めて然るべき所を、私の知る限りでは、何の対策も講じないばかりか、議会質問でも町長の責任追及に終始していますよね。。?
町長攻撃の、政争の道具にしているとしか思えません。支援者の要望を吸い上げるのも議員としてのお仕事でしょうが、火に油を注いでどうするんですか?

http://www.touch-shirhama.com

 

2010年3月8日 産経ニュース

 投稿者:律谷康一メール  投稿日:2010年 3月14日(日)05時00分38秒
返信・引用
  2010年3月8日 産経ニュース

2週間に2回も町長選 「税金無駄」と批判 和歌山・白浜

任期満了まで2カ月を切りながら「住民の信を問いたい」と辞職した和歌山県白浜町の立谷誠一町長(60)が7日の出直し選で勝利した。

公選法の規定により立谷氏の任期は25日までしかなく、同町では22日に再び町長選の投開票をしなければならなくなった。
町によると、選挙費用は開票に立ち会う職員の人件費など約1500万円。
町民から「税金の無駄だ」と批判の声が上がっている。

立谷氏は7日の当選後、記者団に「辞職して民意を問うのは成熟した民主主義社会では必要」と開き直った。

辞職のきっかけは、清掃センターの使用期限問題。

1期目の平成17年、地区役員に「延長はしない」と発言したとされるが、今年3月の期限が近づくと「延長を否定したことはない」と修正。

「同意には町長のおわびが必要」とする地元と対立した。

http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/100308/wky1003081910004-n1.htm

http://www.touch-shirhama.com

 

投稿テスト

 投稿者:律谷康一メール  投稿日:2010年 3月 7日(日)06時11分11秒
返信・引用
  投稿するテストです。

http://www.touch-shirhama.com

 

レンタル掲示板
/2