teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


劇団SHOW&GO FESTIVAL  第20回公演 「キセキとジョーネツ」

 投稿者:劇団SHOW&GO FESTIVAL  投稿日:2016年 4月22日(金)10時19分13秒
  劇団SHOW&GO FESTIVAL  第20回公演

「キセキとジョーネツ」

6月7日~12日 全10ステージ

■ストーリー
人生はいつも闘いの連続。
戦術、決断力、忍耐力…。
全てを駆使した総合力で勝敗は決まる。
先の見えない人生にもがいていた日々。
ただ強くなるために、ひたすらコマンドを叩きこむ。
いま思えば、あの日全てが決まっていた…。
キセキとジョーネツが織り成す、ゲーマーコメディ!

■キャスト
岩井章悟 城市のび太 久保多聞 大山剛
沼田天音 高村晃弘 伊藤涼
薬師寺尚子 宮路由佳 山口利江 きだたまき

■脚本・演出
祝しょーご

取材協力 アークシステムワークス株式会社

■スタッフ
照明:龍野 禎和・山家利紗
音響:尾林真理
音楽:小林 実央
舞台監督:早坂富雄
舞台美術:岡田竜二
WEB管理:吉﨑智正
制作:小春奈央 濱口直毅 金丸智美

企画・製作:劇団SHOW&GO FESTIVAL

協力:
あサルとピストル
ちち不在。
劇団あぁルナティックシアター
ワイスプロダクション
有限会社プロダクション東京ドラマハウス
株式会社プロマージュ
株式会社Still Wood Garden
日本コメディ協会
総合学園ヒューマンアカデミー

■チケット
日時指定 全席自由

前売3,500円 当日3,800円
平日昼割3,000円 学割2,800円(受付で学生証提示)

団体夜割(予約のみ、同時受付で入場)
3人→9,600円、4人→12,400円、5人→15,000円
※各日19:30の回に3名以上でのご予約で適用されます

チケット発売開始:5/6(金)

5/27(金)までにチケット予約すると当日受付にてオリジナルグッズをプレゼント!
開場時間:開演の30分前 当日券は開演の1時間前に受付開始(整理券を発行)

■タイムテーブル
6/7(火曜) 19:30~
8(水曜) 14:30~  19:30~
9(木曜) 14:30~  19:30~
10(金曜) 14:30~  19:30~
11(土曜) 14:30~  19:30~
12(日曜) 14:30~

■アクセス
下北沢「劇」小劇場
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-6-6
TEL.03-3466-0020(公演当日のみ)

http://showgo-festival.com/

 
 

劇団SHOW&GO FESTIVAL第20回公演「キセキとジョーネツ」

 投稿者:劇団SHOW&GO FESTIVAL  投稿日:2016年 4月22日(金)10時16分47秒
  劇団SHOW&GO FESTIVAL  第20回公演

「キセキとジョーネツ」

6月7日~12日 全10ステージ

■ストーリー
人生はいつも闘いの連続。
戦術、決断力、忍耐力…。
全てを駆使した総合力で勝敗は決まる。
先の見えない人生にもがいていた日々。
ただ強くなるために、ひたすらコマンドを叩きこむ。
いま思えば、あの日全てが決まっていた…。
キセキとジョーネツが織り成す、ゲーマーコメディ!

■キャスト
岩井章悟 城市のび太 久保多聞 大山剛
沼田天音 高村晃弘 伊藤涼
薬師寺尚子 宮路由佳 山口利江 きだたまき

■脚本・演出
祝しょーご

取材協力 アークシステムワークス株式会社

■スタッフ
照明:龍野 禎和・山家利紗
音響:尾林真理
音楽:小林 実央
舞台監督:早坂富雄
舞台美術:岡田竜二
WEB管理:吉﨑智正
制作:小春奈央 濱口直毅 金丸智美

企画・製作:劇団SHOW&GO FESTIVAL

協力:
あサルとピストル
ちち不在。
劇団あぁルナティックシアター
ワイスプロダクション
有限会社プロダクション東京ドラマハウス
株式会社プロマージュ
株式会社Still Wood Garden
日本コメディ協会
総合学園ヒューマンアカデミー

■チケット
日時指定 全席自由

前売3,500円 当日3,800円
平日昼割3,000円 学割2,800円(受付で学生証提示)

団体夜割(予約のみ、同時受付で入場)
3人→9,600円、4人→12,400円、5人→15,000円

http://showgo-festival.com/

 

ストアハウスカンパニー ワークショップ参加者募集

 投稿者:storehouse  投稿日:2016年 4月11日(月)20時07分0秒
  ストアハウスカンパニー ワークショップ

『カラダを運ぶ』参加者募集

ストアハウスカンパニーは、演劇やダンスといった枠組みを超えた表現の在り方を模索し、活動を続けている集団です。
ストアハウスカンパニーはいわゆる台詞劇に飽き足りないと思っている方、いわゆるダンスに疑問を感じている方、
そして、私たちとともに新たな舞台表現の実現を目指そうという方々の参加をお待ちしています。
ワークショップ参加者には、公演に出演の道が開かれています。

【応募資格】
2016年4月1日現在、18歳以上の男女
経験・学歴不問

【応募方法】
下記まで、必須事項を記載したメールでご応募ください。
 〈必須事項〉氏名、電話番号、年齢、性別、演劇経験の有無、参加を希望するワークショップの日程
info@storehouse.ne.jp

【日程・時間】*全て19:00~
2016年  4月 26日(火)、27日(水)、28日(木)、29日(金)
     5月 17日(火)、18日(水)、19日(木)、20日(金)
     6月 7日(火)、8日(水)、9日(木)、10日(金)
     7月 12日(火)、13日(水)、14日(木)、15日(金)
     8月 9日(火)、10日(水)、11日(木)、12日(金)
     9月 27日(火)、28日(水)、29日(木)、30日(金)

【場所】ストアハウス江古田スタジオ4F(西武池袋線江古田駅南口前・地下鉄大江戸線新江古田駅徒歩8分)

【参加費】2000円

【問合せ】ストアハウス 担当:木村紀子
     TEL 03-5830-3944  info@storehouse.ne.jp
?

http://www.storehouse.ne.jp/

 

あだちえんチャレ事業 無料舞台公演 劇団東京人形夜若手会「ふしぎ、たのし、パントマイム!」

 投稿者:劇団東京人形夜広報  投稿日:2016年 4月 7日(木)21時36分25秒
  あだちえんチャレ事業 無料舞台公演
劇団東京人形夜若手会
「ふしぎ、たのし、パントマイム!」
作・演出 パーツ・イシバ

北千住在住、NHK幼児番組の振付演技指導を務めるパーツ・イシバ 作・演出。
足立区主催、入場無料の舞台公演「ふしぎ、たのし、パントマイム!」
子供から大人まで楽しめるエンターテイメントショーです。

1部「レッツパント!」
 ・・・壁・ロープ・風船にロボット!?ワクワクたのしいパントマイム!
2部「CRAFT」
 ・・・こどもの心と創造の世界を「カタチ」に。マイムとダンスのCRAFT(技)で表現します。
Opening Act 「レッツダンス!」
 ・・・北千住のキッズダンスサークル「Flower」未就学児~小学6年生が元気よくレッツダンス!

◆日時
 2016年5月15日(日)
 開演14:00(開場13:30)

◆入場無料(受付先着順 定員400名)

◆会場
 天空劇場 (北千住駅より徒歩7分 駐車場有り)
〒120-0034 東京都足立区千住1丁目4-1 東京芸術センター21F

◆出演
Olive、MimeMie、Robotin、Alice、Perwee ISHIGAKI、Perle、Porter、Pete

Opening Act
キッズダンスサークル「FLOWER」

◆お問合せ
 03-3880-0039(お問合せコールあだち)

◆主催 足立区
◆企画 劇団東京人形夜/劇団東京人形夜若手会

【パーツ・イシバ】
演出振付家。劇団東京人形夜主宰。
幼児・子ども向けTV番組やCM・MV・PVで人気の演出振付家。日本を代表するパフォーミングアーティスト。Intel UltraBookCM主演(トラ)などメディア出演多数。NHK Eテレ「シャキーン!」「ノージーのひらめき工房」振付をはじめ、作品提供、振付演出、映画の特殊演技指導など活動の幅は多岐に及ぶ。
公式HP http://www.pantomime.tokyo/

【劇団東京人形夜】
2010年設立、演出家パーツ・イシバ主宰のダンス・パントマイムの身体表現集団。演劇祭、学校公演、美術館での出演、メディア番組の演技指導、振付、出演など幅広い活動実績を持つ。
公式HP http://tokyoningyoya.com/

http://tokyoningyoya.com/

 

重力/Note 「現代演劇のために考えている身体WS」 開催決定!(3月20日締切)

 投稿者:重力/Note制作部  投稿日:2016年 3月 9日(水)09時59分31秒
  東京で初めてWSをやります。

ほかの演出家のWSを運営したことは幾度かありましたが、自分たちの稽古場で取り組んでいるものをオープンにするのは今回が最初。

劇団メンバーたちとも話しあって、「現代演劇をどう考えているのか」「テクストと身体をどう捉えているのか」「これからどういった演劇が可能なのか」という問いに答えたり、一緒に考えたりする作業をしようということにまとまりました。

私たちが作る演劇において、身体についてどう考えるかということは、とてもスリリングで根本的な問題です。でもこの問いと向き合うのは、何も俳優を専門にやっている人に限らなくてもいい。普段舞台を観るだけの人、演劇との付き合い方に興味がある人にも、参加できるようなカリキュラムで考えています。大枠で言えば、「フィクションや身体を観るレッスン」のようなものになるかなと。

7月に上演予定の『かもめ』に出演するメンバーと一緒に、重力/Noteの稽古場を愉しんでもらえると幸いです。



対象:俳優もしくは演劇との付き合い方を考えたい人

定員:各回10名程度

費用:一回1,500円(事前予約制)

用意するもの:動きやすい軽装

日時:2016年3月21日(月)13:00~16:00、3月23日(水)18:00~20:30

場所:ココキタ(最寄駅:王子駅 〒114-0003 北区豊島5-3-13)    http://www.kitabunka.or.jp/cocokita/index.php

ご連絡先:宛先を「WS参加希望」としていただき、「お名前/性別/年齢/ご連絡先(メールアドレス・携帯電話番号)/簡単な経歴」を書き添えて下記のアドレスまでご連絡ください。折り返しのメールにて、予約の確定と当日の詳細をお送りします。

E-mail info@jyuuryoku-note.com

締切:2016年3月20日(日)

http://www.jyuuryoku-note.com/

 

Wけんじ企画 『ザ・レジスタンス、抵抗』 作・演出:山内ケンジ

 投稿者:しろやぎ  投稿日:2016年 3月 4日(金)17時51分39秒
  CMディレクター、映画監督もつとめる城山羊の会の山内ケンジと、青年団のベテラン俳優・山内健司。2人の“けんじ”ががっぷり四つを組んだ新企画。

わたしは普段、山内ケンジ(青年団の山内健司さんとは別人の)と名乗っています。本名はケンジではなく健司なので、同姓同名です。「Wけんじ」という、昔の漫才師の名前から、「Wけんじ企画」がいいな、と思いました。しかし、そんな呑気な略語は実は正確ではなく、本当は「W山内健司企画」が正しい。山内健司さんは、「いつかこの申し出が来ると思っていました」とおっしゃいました。これは山内健司さんが抵抗し、社会から「無駄な抵抗はやめろ」と言われる物語です。同時にわたしである山内健司の抵抗でもあります。よろしくお願いいたします。    kenji yamauchi

Wけんじ企画『ザ・レジスタンス、抵抗』

■日程:2016年4月28日(木)~5月11日(水)

■会場:こまばアゴラ劇場 http://www.komaba-agora.com/access
〒153-0041目黒区駒場1-11-13 TEL 03-3467-2743

■出演者:山内健司/永井秀樹/川隅奈保子/端田新菜/大竹 直/鄭 亜美/折原アキラ/前原瑞樹/坂倉奈津子/石川彰子/串尾一輝/朝比奈竜生(以上、青年団)

■チケット発売日:2016年3月12日(土)10:00

■チケット料金:前売3,200円/当日3,500円/高校生以下(前売・予約・当日とも。当日受付にて学生証提示)1,000円//★早期観劇割引=前売2,700円/当日3,000円

*日時指定・全席自由席・整理番号付。
*未就学児童はご入場頂けません。

■チケット取り扱い:青年団03-3469-9107(12:00-20:00)
https://komaba-agora.com/ticketsell/

■お問い合わせ:青年団03-3469-9107(12:00-20:00)

■WけんじTwitter:https://twitter.com/W_kenji2

■アフタートークあります。
 4/28(木)19:30の回 平田オリザ×山内ケンジ
 5/1(日)15:00の回 Wけんじ(山内ケンジ×山内健司)
 5/10(火)19:30の回 岩井秀人氏(ハイバイ)×山内ケンジ


hhttp://www.komaba-agora.com/play/2954

 

劇団壱劇屋 SQUARA AREA 大阪で動員1000人達成!!

 投稿者:壱劇屋 安達  投稿日:2016年 3月 3日(木)19時53分8秒
     四方囲み舞台からの奇妙な脱出劇。
2013年に上演した壱劇屋の代表作、待望の再演

劇団壱劇屋
3都市ツアー最終東京公演
『SQUARE AREA』

企画・制作/劇団壱劇屋
脚本・演出/大熊隆太郎

◎上演時間/90分

安達綾子、大熊隆太郎、河原岳史、小刀里那、竹村晋太朗、坪坂和則、西分綾香、丸山真輝、山本貴大、ご当地各回ステージゲスト
脚本 大熊隆太郎
演出 大熊隆太郎
料金 1,000円 ~ 3,200円

【発売日】2016/02/19

[一般]
先行2800円/前売3000円/当日3200円

[学生(要証明書)]
先行2300円/前売2500円/当日2700円

[高校生以下(要証明書)]
先行・前売・当日共通1000円

サイト
http://ichigekiyaoffice.wix.com/squarearea

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月6日(水)19:30
4月7日(木)15:00/19:30
4月8日(金)15:00☆/19:30
4月9日(土)14:00/18:00
4月10日(日)14:00/18:00

☆=関西弁スペシャル(全編関西弁でお届けするスペシャルステージ!)


【アフターイベント】
4月6日(水)
19:30◆公開反省会

4月7日(木)
15:00◆スーパー自己紹介
19:30◆ワンシーン再現撮影会

4月8日(金)
15:00◆SQUARE AREAワークショップ
19:30◆壱劇屋相撲

4月9日(土)
14:00◆おまけステージ
18:00◆ステージショッピング

4月10日(日)
14:00◆週刊壱劇屋公開収録
18:00◆劇団員アフタートーク

◆あらすじ◆
真四角の部屋に閉じ込められた
四人の男女。

四面の壁に貼ってある意味不明の紙面。
四角から出るための資格とは。
無いはずの死角から襲ってくる視覚できない刺客たち。
謎の四角い空間に追いつめられた人々の
世にも不思議な脱出劇。

マイム・ダンス・会話劇を複雑に組み合わせた
壱劇屋特有のパフォーマンスと、予想外のストーリー展開に
「様々な角度から観たい」とリピーターが続出し、
大きな反響を呼んだ世にも奇妙なエンターテイメント。


◆関連企画◆

①リピート割 ※半券をご提示ください!
二回目以降のご予約は、何度観ても各料金より200円オフ!
同一名義の二枚目以降のご予約のみ有効です。
大阪・愛知・東京公演を跨いでのリピート観劇も対象です。


上記二つの割引は、すべて併用可能となっております。



「どの予約種別を選択したらいいのかわからない!」という方は、
件名を『スクエリ予約』としていただき、
お名前・ご予約日時・ご予約枚数を明記の上、
ichigekiya_office@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
個別でお知らせいたします。



②関西弁SP【東京公演】
4月 8日(金)15:00
全編「関西弁」でお届けする、どうなるか未知数のスペシャルステージ!



③各回アフターイベント開催&各回ご当地ステージゲスト出演!
その他の注意事項など 全席自由席
受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
上演時間は90分予定

スタッフ
照明:小野健(フリースター)
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)
舞台監督:新井和幸
企画協力:水口美佳
宣伝美術:河野佐知子
写真撮影:河西沙織(壱劇屋)

http://ichigekiyaoffice.wix.com/squarearea

http://ichigekiyaoffice.wix.com/squarearea

 

劇団ショーGEKI ワークショップvol.10開催決定!!

 投稿者:ショーGEKI  投稿日:2016年 3月 1日(火)16時09分10秒
  【バカをやるにも○○が必要!?】
大人の超馬鹿エンターテイメント劇団”ショーGEKI”が
今年で10回目となるワークショップ開催決定!

ショーGEKIの○○、あなたの○○を一緒に見つけませんか??

【ショーGEKIワークショップ2016/全2コース】
・参加資格
15歳以上の男女(役者経験不問)
※18歳以下の方は保護者の同意が必要です。

・応募締切
2016年3月12日必着(定員に達しだい締切とさせていただきます)

??舞台公演コース??
定員14名
製作時間は24時間。
新作短編作品をショーGEKI劇団員と共に実際の劇場で発表することを目的とした
実戦経験型ワークショップ!!

【日程】全8日間+劇場リハーサルと発表公演(全3ステージ)
4月2日(土) 3日(日) 9日(土) 10日(日) 16日(土) 17日(日) 18日(月) 19日(火)

【時間】
土日レッスン/13:00~19:30(17日のみ13:00~17:00)
平日レッスン/11:00~17:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
?土日体験コース?
定員12名
レッスンは土日限定!芝居未経験者の方もOK!
【日程】全5日間
4月2日(土) 3日(日) 9日(土) 10日(日) 16日(土)

【時間】
13:00~17:00
※舞台公演コースとの合同レッスンとなります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
??参加費??
舞台公演コース 38000円
土日体験コース 18000円
※参加日数に関わらず

【内容】
??舞台公演・土日体験両コース共通◆
・自分の体と向き合うためのストレッチ。
・ゲーム形式でコミュニケーションを取りながら緊張とリラックスを両立させるためのウォーミングアッ
プ。
・バレエを取り入れた、体幹トレーニングと踊りとしてだけではない表現や協調性を楽しく学ぶレッスン。
・集団の中でどうやって自分の個性を生かすかを目的とする表現レッスン。
・言葉を理解すること・気持ちを言葉で伝えることを目的とする演技レッスン。
 ※演技経験のない方でも大丈夫です。

◆舞台公演コース◆
ショーGEKI主宰の羽広克成が作・演出として稽古を行います。作品はこのワークショップ専用の書き下ろし新作。作品にはショーGEKI劇団員も参加して皆様と同じ舞台に立ちます。
公演のためのキャスティング・稽古をして最終的には4月の『ショーGEKI実験シアター』内の演目のひとつとして、実際の劇場で公演をします。
・土日昼は[土日体験コース]参加者との合同ワークショップとなります。
・実際の劇場でも稽古を行います。(詳細は別途案内)
※劇場は、八幡山・ワーサルシアターにて3回公演予定。
※一般公開の有料公演です。チケットノルマなどはありません。

【講師】
羽広克成(ショーGEKI主宰)
鈴木とーる(ショーGEKI劇団員・俳優)
他、ショーGEKI劇団員

【応募方法】
参加ご希望の方は、必要事項を明記の上、以下のいずれかの方法で、ショーGEKI制作部までご連絡ください。
後日、担当より折り返しのご案内をさせていただきます。(必ず、舞台公演コース/土日体験コースのどちらをご希望かを明記ください。)

☆E-Mail/ショーGEKI制作部:showgeki99wsad☆showgeki.com(☆を@に変えてお送りください。)
  ※【件名】は「ショーGEKIワークショップ係」で送信ください。
☆FAX:03 - 5942 -1217(24時間留守番電話対応)
☆郵送:〒156-0045 世田谷区桜上水1丁目15 -19 - A「ショーGEKI WS係」宛

※【ショーGEKI劇団員・研修生所属】をご希望で今回のワークショップへの参加をご希望の場合には備考にその旨を添えてお申し込みください。
(当日:写真付きの履歴書・プロフィールをご持参ください。)


◆必要事項◆
1.氏名(フリガナ)
2.年齢
3.ご連絡先
 ・ご住所
 ・お電話番号(期間中連絡可能な番号)
 ・E-mailアドレス
4.所属団体(あれば)
5.参加希望コース
6.その他備考 (劇団員もしくは研修生への所属希望の有無があればこちらに明記ください)
*舞台公演コースは発表公演に向けた稽古も含まれます。全日程ご参加いただけない場合には、応募時にご相談ください。

●ご注意ください。●
お申し込み後1週間以内に、メールにて確認のご連絡をさせていただきます。
ドメイン指定等をされている方は、予め『@showgeki.com』からのメールが受信できる状態にしていただきますようお願い致します。また、念のためご連絡のとれるお電話番号も必ずご記載ください。
なお、お申し込み後1週間を経過しても折り返し連絡のない場合は、お手数ですが、
ショーGEKI (090-4378-1999)までご確認ください。


ワークショップとはなんぞや!動画もございます。
是非ご参照ください。
http://youtu.be/7d89P-yOc_s「弟子入り編」
http://youtu.be/ePrDmjlR5Gc「縮まる距離編」
http://youtu.be/_DiJDijBg88「こっそり練習編」

http://www.showgeki.com/top.html

 

brioche.自主公演『M-ここでは死ねない-』

 投稿者:brioche. 制作  投稿日:2016年 2月25日(木)11時46分30秒
  初めまして。brioche.制作です。
この度、3月7~8日にスタジオ空洞にてbrioche.と称して自主公演を行うことになりました。
低価格での公演ですので、映画館のように気軽に観に来られるかと思います。
ご興味のある方、スタジオ空洞が好きな方、ぜひ観にいらしてください。




brioche.公演『M-ここでは死ねない-』


病院の庭。

1人の看護師と1人の患者。

2人にはある共通点があった。

それは12年前に遡るー


【出演者】岩間香織 高橋留依 中野志保実


【日程】2016年3月7日・8日

7日(月)17:00開演、19:30開演

8日(火)14:00開演、17:00開演

※開場は開演の30分前より


【会場】スタジオ空洞(東京都豊島区池袋3丁目60-5 地下1階)


【チケット】前売・当日 1500円 ※全席自由席


【チケット予約】

ご予約、お問い合わせはbrioche.info@gmail.comにて承っております。

件名を「brioche.公演チケット予約」とし、お名前(フリガナ)、日時、予約枚数、ご連絡先を明記の上、上記のアドレスまでご連絡ください。


【スタッフ】
演出・潤色・音響:木村恵理

上演台本:楽静(原題『ここでは死ねない!?』より)

照明:村上裕亮

舞台大道具:大鹿礼生 伏見翔

制作:中野志保実


【お問い合わせ】

brioche.info@gmail.com(制作 中野)




***What’s “brioche.“?

Qu'ils mangent de la brioche.の略。
『舞台の予定がなければ作ってしまえばいい!』という中野志保実の安易な考えと、かねてより演出に興味のあった木村恵理による自主公演。今回だけかもしれないし、次があるかもしれないし、今のところ期間は未定。

http://qmdlbrioche.tumblr.com/

 

IDIOT SAVANT 2月新作公演!!

 投稿者:IDIOT SAVANT  投稿日:2016年 2月 5日(金)01時41分50秒
  突然の書き込み失礼致します。
IDIOT SAVANTと申します。

2016年2月新作公演
IDIOT SAVANT theater company #12

手で触れられるくらいの鈍い空と
遠くに聴こえる潮音を哀しみが示すのならば
かもめの眼ざしが飛びつかれてしまうまで
海が泣きだすなんて知らなかったんだ

作・演出・振付 恒十絲

2016年2月24日(水)~28日(日)

【会場】
日暮里・d‐倉庫

【出演】
朱尾尚生 近藤康弘 園山祐 新井千賀子 三浦寛士 高橋和博
三好康司(劇団MAHOROBA+α) 永野沙紀 神明まなみ 千頭静那 大井優志 岩澤繭 ほか
【舞台美術】
池原哲男
【舞台監督】
小林英雄
【照明】
長尾裕介(Lighting Terrace LEPUS) 【音響】
行村剛
【衣装】
虎井想市
【振付助手】
サミュエル・ボンヌ
【演出助手】
フレデリック W.
【宣伝美術】
岩倉金太郎
【制作】
高崎都
【制作補】
湯本綾子

【タイムテーブル】
2月24日(水) 19:30
2月25日(木) 19:30
2月26日(金) 14:00★/19:30
2月27日(土) 14:00/19:30
2月28日(日) 14:00
(全7回公演)

東北を撮り続けてきた恒十絲が東日本大震災を通し、生きる事とは何か、想い出になるのはいつか、「忘れたくない、忘れませんように」と願う、祈りと伝承の物語。

【料金】
前売 3500円
当日 3800円
学生 3000円(学生証提示)
リピーター割 2500円(半券提示)
★2月26日(金)14:00の回のみ
一般 3000円
学生 2000円(学生証提示)

【ご予約方法】
チケット予約フォーム
問い合わせ
idiot.savant@nifty.com


■恒十絲 Koh-Toh-Shi■
IDIOT SAVANT theater company主宰。演出家・脚本家・振付家・詩人。1970年生まれ、第三エロチカ出身。2002年結成の劇団Purkinje Phenomenonでの全3作品と、2005年5月改称の現IDIOT SAVANT theater companyによる全作品で作・演出・映像監督、振付を務める。発表の場に廃映画館や寺院を選ぶなど、恒十絲の『舞台』は地下劇場だけにとどまらない。また、その表現はすべて、『パフォーミングアート』あるいは『演劇』といった旧来のカテゴリにとらわれない固有の舞台芸術として繰り広げられる。硬質で叙情的な詩・テキストを基軸に、演舞、映像、音楽、美術、そして場所を融合させ張りつめた作品空間をつくる手法が評価を受けている。引き続き、日本人の体躯に合った身体理論とスポーツ医学に則り、独自の演技論と、演舞『祈汎誦(きはんしょう)』の発展を目指す。

■IDIOT SAVANT theater company■
集団名『IDIOT SAVANT(イディオ・サヴァン)』は心理学用語に因む。東京を拠点に活動を展開。2003年より劇団プルキニエ・フェノメノンの3公演を経て、2005年、現IDIOT SAVANT theater companyに改称。2007年、新宿タイニイアリスから招聘を受け、Alice Festivalに『黒縁のアテ』を発表。続いて2008年東京芸術見本市に『KINK』を出展。さらに2011年『彼方、蓮台野にて-U-BA-SUTE-』、2012年『佯狂のあとで』は、いずれも国際舞台美術ミーティング・ショーケースに出品。横浜の寺院、貞昌院本堂において津軽三味線奏者・小山内薫氏と共同制作を行うなど、高い独創性で国内外から注目を集める。『枕辺の蠅(CAPPER RAVENS)』は、参加したベップ・アート・マンス2012(大分)に華を添えた。2013年『いのちづたひ』(タイニイアリス)では12時間×4回公演を敢行。観客・演劇関係者ともに賛否両論を呼んだ。2015年4月『現代劇作家シリーズ5:J=P.サルトル『出口なし』フェスティバル(d-倉庫)』に参加、好評を博した。これまで劇中映像撮影のため関東近郊はもとより、三重、鳥取、広島、高知、熊本、大分、宮崎、鹿児島などの西日本から、冬の青森・下北半島、東日本大震災の被災地岩手、宮城、福島まで、全国各地に足を運んでいる。今後も他分野への参加のほか、国内各地・海外公演を視野にパフォーマンスを行う予定。

http://idiot-savant-theater-company.tumblr.com/

 

レンタル掲示板
/87