teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「BPM」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 6月16日(土)20時08分21秒
  かなりコァな映画。最後まで見終えるには相当な覚悟が要ると感じた。

冒頭 大学の自主ゼミみたいな処で同性愛者の議論が伯仲してたんだが
サブ進行係の女が「議論を楽しんで」。と切り出した。
日本だと とてもぢゃ無いが「議論を楽しむ」なんて云う発想は出て来ない。
実際 エイズ絡みの議論だから参加者の生き死に関する事柄。
それを「楽しめ」。なんて日本ぢゃ参加者達から袋叩きに遭うのは必定。
が さう為らないのがフランス人。議論文化の成熟度の差を痛感した。

最後の方で 薬剤会社の豪華パーティの席にグループがナダレ込みエイズで
死んだ仲間の遺灰をテーブルに ぶちまける行為には暫し唖然とした。
「此処まで やるか!?」ってな印象。日本だと遺骨や遺灰には「カミ宿る」
的な思想が有るので 中々其処までは踏み出せ無いのだけど アチラの方は
その種のモノは抜け殻的な物と見る傾向が強いので大して違和感も無い
のだろう。エイズで死ぬ事に関する洋の東西は無くとも 其の遺骸に対する思いの
タケには東西の差は歴然 有るのだと感じた。

ラファエロだったかの有名な絵に三色旗を掲げ民衆を鼓舞する半裸の女神の絵が
有ったけど 彼らは 其の昔 バスティーユを襲った民衆の化身ですねぇ。
自由とか自主にはフランス人は敏感なのだと思いました。
 
 

リクエスト

 投稿者:イライザ  投稿日:2018年 6月15日(金)11時31分13秒
  ウェス?アンダーソンの「犬ヶ島」上映してほしいです。  

上映希望

 投稿者:篤憲  投稿日:2018年 6月 8日(金)06時46分56秒
  東京の下北沢で上映している
「ユートピア」が
映画サイトの予告を見て面白そうだったので
上映していただけないでしょうか
 

「アバウト・レイ 16歳の決断」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 6月 7日(木)21時26分36秒
  主人公の祖母役を やった スーザン・サランドランは何処かで聞いた名かと
思ったので 帰ってグーグルで くぐったら1970年代から脇で活躍してる
女優で 当時の洋画雑誌なんかにも青春スターとして何度も紹介されてたのを
思い出した。当時から枠にハマラナイ少しラジカルな役柄が多かったので
今回のレズ役ってのも頷けた。映画は16歳の子と其の母親の話なんだけど
そんな・こんなで其れを見つめる祖母の目線で物語を観てた。
物語の核は今 流行りのトランスジェンダーの話題だが自分的には親子三代に
渡る「ブルックリン横丁」的な話かと受け取った。

女優のジュディ・フォスターは自ら同性愛者だとカミングアウトしたけど
生前 同性愛の噂が絶えなかった クレオパトラを演じたクローデット・
コルベールは果たして実際の処 どうだったのだろうか・・? と
想起しながら映画を観てた。
 

「しあわせの絵の具」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 6月 2日(土)17時40分48秒
  この1年間「メトロ」で観た何十本の映画の中で最高傑作!!だった。
チラシでは世界中で観客賞を取ってるらしかったが さもありなん。
難しい話は抜きにして観客に解り易い作りで最後まで裏切る事は無かった。

最初 ザンパノ&ジェルソミーナの「道」(フェリニーニ監督作)の夫婦を想起
しながらハラハラと観てたけど 本編の夫は大道芸人のザンパノ程 アクドクも
無く根は善良なので途中から妻を人間扱いし始めたのを見て安堵した。
夫は身寄りも無く孤児院で相当に酷なメに遭ってるので極端な人間不信が逆に作用し
商売が上手い。妻も近所から石を投げられて育った経緯が有るので或る意味
似た者同士か。妻の描いた絵を激賞した副大統領のニクソンは底辺の出なので
何か感ずるモノが有ったのだろう。彼が注目した気持ちもヨク解る。
絵は 一種「ちぎり絵」みたいで懐かしき欧州調。日本で云う「いわさき ちひろ」の」
やうな郷愁を誘うのだろう。良い意味で素人受けする絵画だった。
映画の遠景は 完全に絵画の構図。
チャールストンやT型フォードやらも登場したのでソッチ系が好きな私的にも
嬉しかった。
 

リクエスト

 投稿者:はる  投稿日:2018年 6月 2日(土)14時51分52秒
   深田晃司 監督作品『海を駆ける』を福井でも観たいです。

  http://umikake.jp/introduction.html

 

「HAPPY END」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 5月28日(月)21時19分40秒
  改めて題名の意図を考へてるんだけど よく解らない映画だった。
最後の終わり方は仏映画らしいし 冒頭のスマホの録画動画の長回しも
制作側の苦労が偲ばれたんだけど 詩人感覚で生きてる仏人の映画感覚には
到底 就いてゆけない我が身を感じた。

主演のジャン・ルイ・・が「名優」とチラシに書かれて有ったんだけど
1970年代当時から新進の演技派と呼ばれてたのをオンタイムで
知ってる身としては「何を今更」の感じ。
世代が上の「望郷」~「ヘッド ライト」~「シシリアン」と変遷して行った
ジャン・ギャバンの立ち姿を想起しながら こっちのジャンを見つめて居た。
13歳の姪っ子の役をした女優は醸し出す雰囲気が「歩く児童ポルノ」のやうな
オーラを放ち 近い将来 大化けして来る予感を感じた。

物語的には 意固地で疑ぐり深い車椅子の老人が最後の最後に姪っ子と心の
触れ合いが出来てハッピーエンドの お話だったのかも知れない。
 

「ルイの9番目の人生」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 5月20日(日)20時42分3秒
  映画が始まって30分で犯人が誰だか見当が付いてしまった。
後は どれだけ技術で引っ張って呉れるか?だったのだが
そこそこ楽しめた。

少年の母親のイデタチは異様で1940年代ファッションに日常的に
身を包んでる。まるでモデル上がりのローレン・バコールのやうな身のコナシ。
何を着やうが自由とは云へ半世紀以上も前の立ち居振る舞いと為れば
それだけで尋常では無い。私見に依れば異常なまでのクラシカルな装いする
女性って清楚系ビッチが隠れてるやうに感ずる。主人公の美人母も
其れで在った。

いつの時代でも少年は母の味方だから 事の真相は周囲には直ぐには
伝わら無かったけど 本作は幼児教育に携わってる人に観て欲しいと思った。
良か教材に為ると思ふ。

親子3人でピクニックするシーンで急に画質の色合いが変わった。
初期シネラマ時代の淡いシットリ感に似た画質に変わったやうに見へた。
わざわざ古いフィルムで撮影して其れをデジタル処理したかのやうな趣だった。
ノスタルジック感を出す時に昨今 使われる手法なのだろうか?
 

「はじめての おもてなし」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 5月14日(月)19時30分20秒
  バブル期の日本のホームドラマを見てるが如き。
昨今のドイツはEUで一人勝ちの感なので そんな趣を感じた。
内容も最後の終わり方も予想通りで如何にも堅実好みのゲルマン風。
国内で最高の興行収益を上げた!と聞いても別に驚きも無かった。

上手い映画だな。と感心した。古典的な手法を古典的なまま上手に使い
切った感じ。異人種の難民に対する幾つかの一群を そのままパズルに
組み込み現在のドイツを上手に発信してた。
映画の かなり後半部 ゲーテの詩の一節が読まれたが その前の勇壮な
シンフォニーは流れとしてワグナーかと思ったのだが どうだったのか?
独逸好みの詩や曲は揶揄・自嘲したブラック・ユーモアと受け取ったのだけど。

受け入れた家族の家屋は白い家。
白人娘が黒人の恋人を家に連れて来た「招かざる客」の家も白色だった。
医師の父親役を観ながら スペンサー・トレシーを想起した。
 

「5パーセントの奇跡」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 5月11日(金)21時31分46秒
  冒頭の「幸せの道と云うより道そのもが幸せなのだ」は 極めてオリエンタルで
主人公の生まれ故郷スリランカの上座仏教の経典「法句経」あたしの影響を
感じた。だけで無く 主人公の行動規範全体に「法句経」のエッセンスが感じ
取られ ドイツ語圏の映画としては珍しい色合いを感じた。

主人公の姉役のエスニックでエキゾチックな横顔を眺めてたら インド・ベンガル
生まれの女優 ヴィヴィアン・リーの「哀愁」を思い出したのだが
インドやスリランカの女子の顔って何やら哀愁を醸し出す顔立ちのやうだ。

真面目で頑張る主人公の元には 母・姉・同僚・上司と応援者が集まる。
試験官の補助にまで助けやうと云う気持ちが働くんは やっぱ 本人の
お人柄なんでせう。



 

レンタル掲示板
/119