teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/1184 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「ワンダー ストラック」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 7月12日(木)21時29分32秒
  通報
  冒頭「アマゾン・スタジオ」だの「文部省選定」だのと表示されたので
かなりの期待感を持って観始めたのだけど最後まで消化不良だった。
理由の一つがアマゾンの映画に対する「矜持」の無さだと感ずるのだが。

映画全体としては ルネ・クレマンの「禁じられた遊び」のやうな子供目線の
作品で 古書店が登場するあたし往年の「ネバーエンディング・ストリィ」を
思い出したのだけど 音楽だけでも1930年代の・ジャズ歌「私の青空」を
蓄音機で流したり・「2001年 宇宙の旅」のアレンジを最後に使ったりと
正直 売る為にはナリフリ構わぬ姿勢が感じられ 流石にアマゾン 映画より
金儲けに ご執心か?の印象を持った。
子供向け映画を大人も鑑賞に堪える作品に仕上げやうとスケベ心 抱いたのが
消化不良 起こした原因だと思う。
童心に帰る大人達も居るんだから無理に仕上げたのが「難」だと感じた。

1920年代後半の聾唖の少女は銀幕のリリアンと云う売れっ子女優に
魅せられて居たやうだけど 最初 私はフランス映画のリリアン・ギッシュを
模した者かと思ってたが プロマイド写真からして違うみたいで活発な役が多かった
リリアン・ハーヴェィの駆け出しの頃の写真か とも思ったんだが どうも判然と
しなかった。=博学の人が居たら教えて欲しい。実際に居た女優の写真を使ったのか
単に架空の写真を使ったのか。服装は当時の銀座を闊歩して居た「モガ」の恰好
ですが。


 
 
》記事一覧表示

新着順:1/1184 《前のページ | 次のページ》
/1184