teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/1210 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「DALIDA」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 9月18日(火)23時20分39秒
  通報
  彼女の代表曲の「あまい囁き」は当時 私もレコード買って家でヨク聞いて居たので
自死してしまった昔の恋人との逢瀬のやうな気持ちで来館したのだけど。

エンド・クレジットに流れた「歌いつづけて」はカラオケのDAMにも入って居て
私も加藤 登紀子バージョンで3年前には よく歌ってたので注意して歌詞を
見てたけど 岩谷時子サンだったかの訳詞と原曲の歌詞では所々違ってたので
興味 深かかった。
彼女自身 戦前のシャンソン~ツイストまで歌うんだから音楽には普遍性を
求めるアーティストなんだろ。米国歌手で云うとリンダ・ロンシュタットのやうな
感性か。私も昔からバラード調のスタンダードばかりワンカラでは歌うので
彼女の音楽性には肌が合って心地よかった。

只 最初の夫と大学生は別として 付き合う男と云う男がロクでも無い男が多く
まるでビリー・ホリディの男遍歴を見るが如きだった。
それが彼女の命を縮めた。そんな自死の印象。

彼女の赤ん坊の時のエピソードでバイオリニストの父親が枕元で あやすやうに
「タイースの瞑想曲」を弾いてたけど 此れも一種バラード曲。
彼女のバラードに依る音楽パフォーマンスの原点は其処から始まるのか・・。
と 最後は納得して22時のメトロを後にした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/1210 《前のページ | 次のページ》
/1210