teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/1199 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年10月 3日(水)16時39分3秒
  通報 編集済
  前期高齢の身でイマドキの女子高生モノには少し抵抗が有った。

でも 観始めると一瀉千里で最後まで楽しめた。
理由は至極 簡単で「文部科学省 選定作品」だからでせう。
伊達に選定作品には為って無い。明治・大正期の国語の国定教科書のやうな
安定感が有って 老若男女が立場を超えて受け入れられるから文部省 推奨に
為るのだと改めて思った。
おそらく50年後の女子高生が観ても共感を呼ぶで有ろうと感じた。

舞台は漁村で離れ小島か?と思ってたら「TOKAI BUS」のロゴが入った乗り合いバスが
登場し エンドクレジットで「撮影応援 下田の皆さん」と出たのでロケは伊豆の下田で
行われたやうだ。

主人公の障害は おそらくは何らかの理由で一人遊びを強要され外界との距離感が
掴めない結果 焦れて頑張り過ぎて上手く喋れ無いのだと思う。
ので 担任が云った「一緒に頑張ろうね」。は 愛情は感じても逆効果だと思う。
云うのなら「充分 頑張ったんだから これからは頑張ら無いやうに注意して
頑張ろうね」。が本来の励まし方かと思う。
女教師の言葉は酷だった代わり 画調が全体に淡い木漏れ日が入る色彩で
それが少女を温かく包み込み 映画のポリシーを感じさせた。

主人公を支援する女高生役の人は隠れ巨乳で役者根性も有りさう。
近い将来 テレビの人気者に為る公算も有ると私は踏んだのだが・・。
少し気に為る女優サンで有った。
デビューした頃の内田有紀と雰囲気が似て居る。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/1199 《前のページ | 次のページ》
/1199