teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:24/1367 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「ようこそ映画音響の世界へ」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2020年12月21日(月)20時20分52秒
  通報 編集済
  仕事上りに そそくさ来たが帰りは雨に為り少し怖い思いもした。
お楽しみ得るには何某リスクは付き物なので毎度 微妙な思いだ。

映画は いつ頃の作品なんだろうか?
出演者の俳優の顔付きなんぞから推定して それなりの過去の作品だと
思ったのだが制作サイドで物を云ってたバーブラ・ストライサンドが
懐かしかった。彼女が1970年代 私は熱烈なファンで東京のファン
クラブにも入ってて毎月ビバリーヒルズの彼女の大邸宅宛てにファン
レターを送ってたので(さも有りなん!)と呟きながら観て居た。
当時から彼女は制作の方に関心 持って居て「近い将来 歌手業 辞めて
プロデュースに乗り出す!」と当時から公言してたので「さも有りなん!」と
思いながら彼女の話を聞いて居た。

本作全体としては
最初に登場した西部劇の写真は風貌からして伝説のジェシー・ジェイムズ絡みの映画かと
思い ベルイマンの「第七の封印」とゴダールの「勝手にしやがれ」が
出て来たのが少し意外だった。
ハリウッド映画の音響の歴史を90分で まとめるんだから かなり無理だと
感じたが日々の暮らしに追われる者としてはコンパクトに まとめて
呉れて有難たかった。

http:// 

 
 
》記事一覧表示

新着順:24/1367 《前のページ | 次のページ》
/1367