teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/1367 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「声優夫婦の甘くない生活」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2021年 3月25日(木)20時57分8秒
  通報
  観る側に取っても甘くない映画だった。
単純な夫婦愛の物語ぢゃ無く夫婦の仕事が見付からないとか夫のDV紛いの行動で
妻が家を出て一時 知り合いの住居に身を隠すとか甘くない話だった。
最後は元の鞘に収まった感だが綱渡りの熟婚生活には違いは無い。

ウリの一つにも成ってた名画のオマージュだが 最初に出た「スパルタクス」は
ロシア人って古代ローマの史劇が お好きのやうに感じた
名前が出たカーク・ダグラスは「チャンピオン」だったかボクサー役が
印象 濃い。
「波止場」はブランドの出世作だが あれから男性スタアのイメージが
変わったかと思う。所謂 美男スター全盛は終焉を迎えたやうな気がする。

本編の妻は何だか夏川静江に岸田 今日子の知性を足して2で割った
やうな雰囲気。でも男が虎の尾を踏むと即座に豹変して・・ホンマ女って
怖い生き物だと改めて感じた。
彼女は「百万本のバラ」が愛唱歌って云う設定。シャンソンの名歌だが
その所為かエンド・クレジットも妙にフレンチぽかった。

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/1367 《前のページ | 次のページ》
/1367