teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/1367 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「ガンズ・アキンボ」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2021年 4月 8日(木)19時19分55秒
  通報
  アキンボ云うのは二丁拳銃の意味らしい。スラングなんだろうか?
「二丁拳銃は邪道」。と言い放った映画「シェーン」のアラン・ラッドを
想い出した。

冒頭 クルマのトランザムの疾走で始まり派手にマシンガンが火を噴き
まるで「マッド・マックス」のノリだった。途中で映画「ランボー」の
ポスターまで登場して来て監督は過去の名画群への思い入れが強い方だと
推察した。此の手の映画が成功するか・しないかは ひとへに主人公に
絡む脇の女優の力次第だと思ってるのだが今回はソツが無いやうに思へた。
只 意外だったんは その一人がアジア系だった事。スレンダーで切れ長の目
だったのでチャイナ系だと思うのだがエキゾチックで欧州人のオリエンタル
趣味を感じた。

物語は ネトゲーの仮想世界が目が覚めたら現実に成ってたってなストリィで
さうしたストリィは今が旬のストリィのやうに思へる。
私はネトゲーぢゃ無いがパソコン・オタクなので何となく主人公の気持ち
ってのが解る。清楚系・イケイケ系と二人の美女に囲まれ自分は二丁で
バンバンぶっ放す。これぞ男の夢!(遊びや せんとや 生まれけり)。
そんな戯れ歌のやうな色合いで結構 楽しめた。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/1367 《前のページ | 次のページ》
/1367