teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:27/1417 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ピーターバラカントークショーに参加して

 投稿者:先生  投稿日:2021年12月 1日(水)14時59分15秒
  通報 編集済
  11月26日と27日のミュージックフィルムフェスティバル、ピーターバラカントークショーに両日参加しました。
かねがね観たかった2本に加え、あのバラカンさんのトークショーとなれば不参加と言う選択肢はありません。
バラカンさんのトークショーは期待していた通り。あの独特な語り口をしっかりと堪能しました。「福井の空はロ
ンドンに似ている」という言葉は印象的でしたね。2本の映画について感想を少し。
「ランブル」ではいかに先住民=ネイティブアメリカンが虐げられて来たかを改めて教えられました。ジミヘンド
リックスをはじめ南部の黒人になぜ黒人の混血が多いのか、その理由がようやく理解できました。先住民の女性は
アメリカに残し、男性はアフリカに送られていたとは!
「ビリー」では彼女の壮絶な人生がそれを取材した女性ジャーナリストの人生とうまく絡めて描かれていました。
才能あふれる彼女に群がるダニのような男たちと彼らに振り回され健康を蝕まれていく姿は痛々しい限りですが、
その男たちもまた虐げられ差別されていたことを考えるとやるせなくなります。自暴自棄でマゾヒストのようにも
描かれたビリーについて、バラカンさんが日常的な差別を受け続けることによってそうなってしまったとおっしゃ
っていたことに納得しました。

https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=019911

 
 
》記事一覧表示

新着順:27/1417 《前のページ | 次のページ》
/1417