teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:19/1417 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「チャサンオボ」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2022年 1月14日(金)16時03分49秒
  通報 編集済
  「実話かな?」と思い乍ら観て居たが帰宅してチラシで確認したら
案の定 実話がベースに為ってるらしい。韓国では かなり有名な
歴史上の人物だと推察した。

2時間ジャストの映画だったが本来なら前編&後編に分けての大作
ってな質感が有った。監督さんは元々が さう云う気持ちだった
んだろうなと感じた。泣く泣く尺を切ったってな印象が残った。
モノトーンでヒューマンな時代物だったのでクロサワの「赤ひげ」を
想起したのだが制作意図に其れが入ってたやうにも思へた。

そもそも(科挙)なんて元は中国の制度だし19世紀に入っても
未だに言葉として広く使われてる自体が陸続きの韓半島らしい。
日本だと間に海が在ったから とうの昔に消えてる言葉だ。
朱子学の影響も当時の日本より半端ぢゃ無かったろう。

只 字幕的に二か所 違和感を感じた。
冒頭 天主教(カトリック)と云って置き乍らイエスと云う表記。
今の韓国のキリスト教界は概ねプロテスタントなのでイエスは解るが
カトリックなら通常はイエズスなので時代考証的にも おかしい。
それと 琉球の地名が出た処で画面の右記に(今の沖縄)と字幕が
登場した部分。確かに さうだろうけど わざわざ載せる意味が
意義が有るのか・・?と思う。何か政治的な忖度めいた事情でも
在ったのかと勘ぐってしまう。野暮な字幕だと思った次第。

宗教的な話すると W主人公の若い男の方が漁師と云うのも
たまたま なんだろうか? 持ち上げられ無いくらいの大魚に
恵まれる場面も含め福音書の聖ペトロを連想させる。韓国の
キリスト教的な考へで云うと年長の主人公がイエスで 彼が
招聘した年少がペトロと云う形なのかと思う。それも含んで
韓国では有名な二人・・と思うのだけど実際は如何に。


 
 
》記事一覧表示

新着順:19/1417 《前のページ | 次のページ》
/1417