teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/1417 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「サンダーバード55」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2022年 1月18日(火)04時54分10秒
  通報
  解り易いタイトルで ええと思う。お子様 相手だから題名は簡単明瞭がベスト。

1作目 云うか元ネタのテレビ版はオンタイムで見てた世代で
当時は中一か。3月の末に伝説の朝ドラ「おはなはん」が始まり
明治期の女学生に恋をし・「サンダー・・」の登場人物の濃艶な
ベネロープの美貌に目が眩んだ ませた男の子だった。
今回 アテレコの声が変わってたが今回の方が艶ぽっく色気が
有った。前回の黒柳徹子は才気の方が先走ってしまうんで
今回の方が より大人の鑑賞にも耐へ得る人形劇ってな感想。
秘密基地に在るロケットの登場場面で両側のヤシの樹が倒れる
場面が在るけど アレなんか米国のテレビドラマ「グリーン
ホーネット」のクルマが現れる仕掛けに似てるな と思った。
ブルース・リーが未だグリーンボーイ時代のテレビ映画だけど
本編の元のスタッフも見てて参考にしたやうな気がした。

冒頭の男性の野太い声の「ワン!ツー!・・・」のアクセントだが
まさに英国流の英語で 後年 米国の「セサミ・ストリート」の
スタッフが仮に作ったとしたら かなりブロオクンな発音に
為るんだろうなと追体験してた。
小1あたしで「チロリン村とクルミの木」を見てて 中一で
「サンダー・・」見てた世代として やはり国力・国の財力の差は
痛感ス。あっち・コッチで洒落たジョークが散りばめられてるんも
ジョーク好きな英国人らしい。イアン・フレミング原作の「007」の
シリーズと似た文化を感ずる。
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/1417 《前のページ | 次のページ》
/1417