teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年11月 2日(金)19時39分48秒
  内容は題名通り。が 予想以上に面白かった。
面白すぎて医者へ行く予定の時間が過ぎてしまい
最後まで付き合わされ医院で2時間の診察待ちと為ってしまった
くらいだった。
オンタイムで此のニュースをNHKで見聞きした世代だが
こんな興味深い話が隠されてるとは知らなんだ。

チラシでは時代を変えた男女間のバトルみたいな説明だったが
私は闘った男女の夫々の家庭同士の闘いのやうに見へた。
男の方は お茶目な お祭り男。羽目を外す夫を憎み切れない妻。
女の方は 性的に(バイの人)で 夫は紳士的だが
金銭で繋がってる。予想通り前者は添い遂げ・後者は別れた。

映像的には キング夫人がアリーナに登場する場面。
古代エジプトの奴隷を従えるシーンはリズが主演した
「クレオパトラ」の古代ローマの王城の入場シーンを連想させ
記録フィルムだろがゴージャスな演出だった。

音楽的には バロックの「G線上のアリア」をチェンバロの
軽快な変奏曲に変へオシャレ感を出した点が上手だった。
昨今は そんな住み分けが有るのか無いのか知らぬが
所謂(ニューヨーク派)的な都会的な映画だった。

本編は 旬の女がクタビレタ50男を打ちのめした。
ってだけの話で それをマスコミが性差の話題に すり変えた。
あくまで年齢差の結末だったかと思う。


?
 
 

「ブレス」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年10月29日(月)21時54分10秒
  貰ったチラシには協賛企業として紳士服の「英国屋」の名が見えたが
制作も英国なんだろうか?

冒頭の「ひいさま」の男子連の注目の的的 描き方が
「風とともに去りぬ」(1939年)の冒頭と似て居て
最初の背景音楽もビング(クロスビー)が歌う「真実の愛」ぽっく
品の良い作画に感じた。

夫婦愛だが 夫はダニーケイ・妻はアメリア イヤハート のやうな
雰囲気で 何だか古き良き時代のアメリカ人のやうにも思へた。

夫婦のスペイン旅行の荒涼たる山間地はアンダルシア地方で
在ろうか。画家のダリの生まれた土地なので一度は訪れたい場所と
思ってたから観光気分で眺めて居た。

家族愛がテーマ と為ってるらしい。
が 一人暮らしの未婚者に取っては最後のシーンの尊厳死を
扱った映画だと受け取った。
 

「突然 炎のごとく」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年10月23日(火)23時00分43秒
  不毛な男女間を描く仏映画らしく饒舌で退屈な映画だった。
でも 其れが疲れた心身には心地良く木戸銭は戻った感じ。
存外 仏人の映画に対する思考って そんな処に有るのでは?と
感じたのだが。

物語のヒロインは完全なアスぺの障害者。
それを巡って二人の男子が入れ替わり立ち代わり物語を繋いで
ゆく展開で 最後の結末も或る程度 予見された事。
初公開時には世界規模で女性からヒロインに共感が集まった
らしいのだが 劇中の科白の「此の世では幸せに成れない」
タイプのヒロインに共鳴して 何なの其れ?。ってな感想だ。
本編の男女間の事だけで無く 改めて此の世の男女間の心の
落差は大きいのだと気付かされた。

冒頭の忙しい場面の展開は まるでバスター・キートンの
サイレント・ムービーのプロットの繋みたいで観て居て
目が回った。

第一次大戦の塹壕戦は当時の記録フィルムみたいだったけど
レマルクの「西部戦線 異常なし」を彷彿と させた。

ヒロインを演じた女優 ジャンヌ・モローの目元は彼女の後に来た
B.B(べべ)と似て居る。フランスの男は ああした目元に魅せられる
のだろうと思った。
 

リクエスト

 投稿者:達磨蛙  投稿日:2018年10月17日(水)21時02分9秒
  愛と法、見たいです!

http://aitohou-movie.com/#

 

「子どもが教えてくれたこと」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年10月14日(日)21時01分55秒
  かなり重い内容だった。
障害を負った少年の「病気だから幸せに成れない事は無い」。は
おそらく周囲の大人達の言葉を忖度したのだろうが 自己の生を
全うしやうとする一途さと健気さには色々考えられさせられた。

背中にボンベが入ったリュックを背負った美形の少女は簡易な
舞台で芝居を して居たが前後の脈略から「メリー ポピンズ」
だろうか? 1964年の此のディズニーの映画は当時 日本の
少女漫画月刊誌にも紹介され ジュリー・アンドリュースの映画
初主演の作品なので印象が深く 紹介された雑誌「りぼん」を思い
出して居た。
 

上映希望

 投稿者:にこ  投稿日:2018年10月14日(日)11時07分1秒
編集済
  ブレイク・ライブリー主演
「かごの中の瞳」の上映をお願いしたいです。
 

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年10月 3日(水)16時39分3秒
編集済
  前期高齢の身でイマドキの女子高生モノには少し抵抗が有った。

でも 観始めると一瀉千里で最後まで楽しめた。
理由は至極 簡単で「文部科学省 選定作品」だからでせう。
伊達に選定作品には為って無い。明治・大正期の国語の国定教科書のやうな
安定感が有って 老若男女が立場を超えて受け入れられるから文部省 推奨に
為るのだと改めて思った。
おそらく50年後の女子高生が観ても共感を呼ぶで有ろうと感じた。

舞台は漁村で離れ小島か?と思ってたら「TOKAI BUS」のロゴが入った乗り合いバスが
登場し エンドクレジットで「撮影応援 下田の皆さん」と出たのでロケは伊豆の下田で
行われたやうだ。

主人公の障害は おそらくは何らかの理由で一人遊びを強要され外界との距離感が
掴めない結果 焦れて頑張り過ぎて上手く喋れ無いのだと思う。
ので 担任が云った「一緒に頑張ろうね」。は 愛情は感じても逆効果だと思う。
云うのなら「充分 頑張ったんだから これからは頑張ら無いやうに注意して
頑張ろうね」。が本来の励まし方かと思う。
女教師の言葉は酷だった代わり 画調が全体に淡い木漏れ日が入る色彩で
それが少女を温かく包み込み 映画のポリシーを感じさせた。

主人公を支援する女高生役の人は隠れ巨乳で役者根性も有りさう。
近い将来 テレビの人気者に為る公算も有ると私は踏んだのだが・・。
少し気に為る女優サンで有った。
デビューした頃の内田有紀と雰囲気が似て居る。

http://

 

「夜明け前」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年10月 2日(火)21時39分25秒
  呉清源を描いた「極みの棋譜」は上海で賞を得たけど本編の呉を描いた作品は
どうなのだろう?。そんな思いを抱きながら画面を見つめて居た。

印象を云うと テレビの「NHK特集」でも見てるが如きで 医学生相手に
学会が用意したプロパガンダ映像みたいで 木戸銭 払う作品としては
かなり疑問符が付いた。
只 ネットでも落ちて無い映像や情報が得られたって云う点では貴重な時間だった。

明治期の巣鴨醫院の処では 後年 スガモ・プリズンが出来 大川周明が
東条英機の頭を法廷でポカリやる有名なシーンを想起させ 頭の良い大川が
醫院の存在を思い出し仮病を使ったのかな?と あらぬ事を思った。
 

「ブエナ ビスタ ソシアル クラブ」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 9月28日(金)23時10分52秒
  最後まで気持ちが乗らなかった・・。のは鑑賞前から解ってた事なのだが
ラスト曲の名品「シボネー」だけは気分が乗った。
カラオケにも入ってる曲だし 私も何度か挑戦した曲だからなんだが
帰宅して此の曲の逸話を調べてみたら「コロンブスが新大陸・今の米国を
発見した当時 キューバに居たインディオの種族の一つがシボネーで・・」と有り
カーネギーホールでのフィナーレ曲に選んだ理由が解ってグーグルで
くぐった甲斐も有ったと思った。

紅一点のボーカリストは場の雰囲気を盛り上げるんが上手く ビッグバンド時代のエラ
(フッィツジェラルド)のやうなグループの中の立ち位置を感じた。
メイン・ヴォーカルの男は「キューバのナット・キング・コール」と云われてる
らしかたったが確かにマイルドで艶が有って白人っぽい歌い方はナットに似てるのだが
音楽性はハリー・ベラフォンテに近いモノを感じた。

彼ら3人のニューヨーク見物で店の硝子越しにフィギァーを眺めて談笑してた
場面が印象的。壁面の一番 上に「リオブラボー」の頃と思われるジョン・ウェイン
のパネルが飾って在って その下に小さな人形 マリリン・モンローとか。
サッチモも居たらしく(最大のトランペット奏者だ!)と論じてたのが興味深かった。
 

「DALIDA」雑感。

 投稿者:みきお。  投稿日:2018年 9月18日(火)23時20分39秒
  彼女の代表曲の「あまい囁き」は当時 私もレコード買って家でヨク聞いて居たので
自死してしまった昔の恋人との逢瀬のやうな気持ちで来館したのだけど。

エンド・クレジットに流れた「歌いつづけて」はカラオケのDAMにも入って居て
私も加藤 登紀子バージョンで3年前には よく歌ってたので注意して歌詞を
見てたけど 岩谷時子サンだったかの訳詞と原曲の歌詞では所々違ってたので
興味 深かかった。
彼女自身 戦前のシャンソン~ツイストまで歌うんだから音楽には普遍性を
求めるアーティストなんだろ。米国歌手で云うとリンダ・ロンシュタットのやうな
感性か。私も昔からバラード調のスタンダードばかりワンカラでは歌うので
彼女の音楽性には肌が合って心地よかった。

只 最初の夫と大学生は別として 付き合う男と云う男がロクでも無い男が多く
まるでビリー・ホリディの男遍歴を見るが如きだった。
それが彼女の命を縮めた。そんな自死の印象。

彼女の赤ん坊の時のエピソードでバイオリニストの父親が枕元で あやすやうに
「タイースの瞑想曲」を弾いてたけど 此れも一種バラード曲。
彼女のバラードに依る音楽パフォーマンスの原点は其処から始まるのか・・。
と 最後は納得して22時のメトロを後にした。
 

レンタル掲示板
/122